浮気の慰謝料 信頼の興信所アーガスリサーチ 東京都公安委員会 探偵業届出済(第30070158号)

興信所アーガスリサーチ

お見積もり相談無料・24時間対応
TEL:0120-132-417
menu

HOME > コラム一覧 > 浮気・不倫に関する法律 > 浮気の慰謝料

浮気の慰謝料

浮気調査はおまかせください。興信所のアーガスリサーチ

 

浮気の慰謝料

「慰謝料」という言葉を聞いたことがあるかと思います。

慰謝料とは、配偶者に浮気をされた人が、配偶者とその浮気相手に請求できる損害賠償のことです。
つまり、浮気をした人は損害を賠償しなければならないのですが、なぜそうなるのかの仕組みについて説明致します。

まず、浮気という行為は法的には不貞行為といい、不貞行為は民法709条の不法行為に該当します。
不法行為は、他人の権利を侵害したり損害を与えた場合はその損害を賠償しなければならない、と定める法律です。
不貞行為は「精神的に損害を与える行為」と解されています。

例えば、夫が浮気をした場合は妻に精神的損害を与えたことになり、同じように夫の浮気相手も妻に対して精神的損害を与えたことになります。
このような損害を受けた妻は、その加害者である夫・浮気相手に対して損害賠償を請求することができ、損害の賠償は原則として金銭で行われます。この精神的損害による金銭賠償を慰謝料というわけです。

但し、この不法行為による損害は、確かに相手から損害を受けたということを自らの手で証明する必要があります。
ここでの証明とは裁判で勝訴できる証明であり、証明するためには証拠が必要になります。
不貞行為の場合、言うまでもなく「浮気の証拠」です。

仮に当事者同士での話し合いで損害を賠償してもらうにしても、裁判で証明できないことで損害を賠償しようという人はほぼいないとお考えになった方がよろしいです。
損害を与えたという自覚があっても、その賠償を支払うことを逃れようとする例は世の中に多く存在します。
浮気(不貞行為)はその傾向が顕著に見られる例の一つですので、慰謝料を請求するには確かな浮気の証拠を手に入れなければなりません。