ご縁と世間

 人の縁には「必然」を感じる。

興信所や探偵の調査業務で「世間の本質」を垣間見る機会が多いことが基因して、そう思わせるのだろう。必要な「縁」であれば「人の目」(調査)が入り評価が下される。

これが現実の世間と理解している。

人と人の繋がりは必要不可欠。結婚しかり仕事しかり日常生活しかり、何から何まで一人きりでこなせる「現代人」は滅多にお目にかからない。

進路決定には大なり小ない「判断材料」が必要不可欠に間違いなく、第三者の平等な意見や経験が大きく役立つ場面でもある。事、ビジネスの判断などで上記の場面に日常頭を抱えている経営者は多いと理解している。

他人よりも「縁」がないと感じている経営者や、人生の分岐点とも言える場面での「判断材料」が欲しいとお考えの方には「興信所」の「目」は価値あるものと考える。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)