探偵という仕事に就くためにすべきこと

テレビドラマや映画などで華麗に事件を解決する探偵。

一度は憧れた方も多いのではないでしょうか。

しかし、探偵という職業はメジャーであっても、その職業への就き方はあまり知られていません。

探偵になるには、どのようなステップあがあるのでしょう。

 

まず、一番最初に行き当たるのが、探偵を育成する学校です。

探偵専門の学校では、座学と実習で探偵として即戦力になる人材を育成しています。

また、独立開業の支援をしてくれる学校もあり、すぐに働きたい人に最適です。

 

そして、もう一つが探偵事務所に見習いとして入社する手段もあります。

実は探偵を名乗るのには、何の資格も免許もいりません。必要な免許と言えば、運転免許証くらいのものです。

そのため、学校で学ばずとも現場で経験を積んでいくことも可能なのです。

 

さて、ここで問題になるのが、探偵という職業についてのイメージと現実のギャップです。

いざ探偵になるぞと事務所の扉を叩いてはみたものの、ひたすら事務仕事ばかり。張り込みも事件も起きません。

実はこれが現実で、基本的な探偵の仕事は報告書や資料の作成、仕事を取るための営業などが大半です。

映画やドラマの中のような探偵は、イメージの中にしかいないのです。

 

探偵になるために一番必要なのは、このギャップに耐えられるかという点にあるかもしれませんね。

ただ、依頼主の悩みを解決できた時の達成感はかなりのものです。決して夢のない仕事ではありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)