善と悪

 良心的な探偵達は「善悪の判断が出来ている」事実、最近世間を騒がせたニュースになった「探偵や調査会社」はモラルが欠如していたと言える。

他力本願な仕事運びが招いた結果である。他人の知恵や力を利用する事が「毎回」では自力のない「人の褌で相撲を・・・」証拠と考える。調査力を自負する探偵達においても同様と思う。

本音を話すと「調査力」は調査員の限界がどれほどか?につきる。機材の比較も大切とは思うが、「扱う探偵の自力」にまさる調査力は存在しないと考える。

最新機材や特殊機材を扱う事が調査力のバロメーターならば「ほぼ全て敏腕探偵」になってしまう。

そこのところは賛同できない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)