信頼関係

 探偵と依頼人の信頼は「問い合わせ」から始まり「調査報告」にいたり、その後の相談やアフターケアーなど一連の業務のなかで成立する。一言で表現するならば「積み重ね」で信頼関係は成立している。

どんなに些細な悩みでも「親切丁寧な対応」や「言葉遣い」が出来、相談内容に対する「ベストな解決策」を提案し「御依頼者と二人三脚」で取り組む姿勢が大切であり理想でもある。

もし、二人三脚でトラブル解決に取り組む姿勢が無いならば「お互いを信頼」できないと断言できる。両者に「少しでも人任せ」や「怠慢な対応」があったならばトラブルにも発展しかねないのである。当然の事ながら「依頼を請け負う立場」の探偵に関して言えば「あってはならない対応」である。

業務上最低限必要な「連絡し確認」する行為が満足に出来ない探偵は論外といえる。

あなたの大事を任せるにふさわしい「探偵や興信所」を選考する上で「当たり前」だが普通に出来ているか再確認が必要であり、将来的に信頼関係を築ける依頼先であるか?が満足な調査を遂行する上で欠かせない条件であるといえる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)