動かぬ証拠と必要期間

 浮気調査で重要なポイントになる調査結果を得るためにかかる時間と日数。

依頼人の思惑に反し「必要期間」が延びる案件も存在する。

当然のことながら「調査料金」も予算オーバーを覚悟しなければならない。

調査結果が出にくい案件の特徴は「事前情報の乏しさ」と「対象人物の行動頻度少なさ」につきる。

逆を返せば「事前情報が多く」「対象者の行動が頻繁」な案件が浮気調査の必要期間が短く調査結果が得られる可能性が極めて高いと言える。

いずれにしても対象人物が動かなければ「動かぬ証拠」は得られない。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)