依頼人の勇み足

探偵が如何に敏腕だとしても回避できないリスクが存在する。

浮気調査においてお話しすれば「依頼人が浮気を疑っている」事実を対象者が感づいており調査初日から尾行や張り込みに警戒している。このようなリスクは回避しようが無く探偵を困惑させる。

散々ご自分で探偵顔負けの尾行・張り込みを実施し「浮気の現場」を証拠として残す事ができずに尾行を感づかれてしまい「探偵に依頼」などのパターンも同様である。正直なところプロの尾行でも警戒している対象者を尾行する行為は危険である。成功・失敗以前に法的に問題がある。

無理に尾行継続すれば「迷惑防止条例やつきまとい行為」にあたる可能性が存在する。

ご自分で情報を得る行為はリスクが大きく、探偵の立場から言えば最悪の場合「浮気の事実が存在していても証拠を得られない事態」になりかねないため慎重に事をすすめていただきたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)