ナンバープレートの調査とは?

車のナンバープレートから所有者の特定は可能

車両のナンバープレートから個人(使用者)の特定を行う調査というのは少なからずあります。

調査の目的としては

  • 浮気相手がどこの誰なのか?知りたい
  • 所有している土地に勝手に駐車している車がある
  • お金を貸したが連絡が取れず相手が逃げ回っている
  • 当て逃げをされたが映像などの証拠がなく警察も相手にしてくれない

など上記のような相談があります。車両のナンバープレートは一台の車の固有のナンバーになり、車両の種類によって正式名称は異なります。

ナンバープレートの正式名称は?

正式名称は「自動車登録番号標」で軽車両(軽自動車)や普通自動二輪は「車両番号標」という名称になります。スクーター(原動機付自転車)や小型特殊自動車などは「原動機付自転車番号標」になり、一般的に陸運局で発行されるナンバープレートとは違い、お住まいの区市町村役場で発行されます。

希望ナンバー制度やご当地ナンバー制度が始まり、その地域の名称が使われるようになって「品川」や「練馬」などの種類は2020年に17地域が追加されて令和3年現在では130種類以上あります。

ナンバープレートの正確な情報がなければ調査することは不可能になります。

「練馬」などの地域名「530」などの車種「あ」などの平仮名「〇〇-〇〇」の四桁番号

これらの全てが正確であることが調査する上での条件となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)