浮気と夫婦の危機

浮気と夫婦の危機

長年夫婦をしていると夫婦の危機に何度か出くわすことは誰でもあります。

結婚して最初は気づかなかった相手の色々な面がたまらなく我慢できずに相手を受け入れることができなくなったり、考え方の相違で喧嘩が絶えないご夫婦もいます。

また、浮気を繰り返す夫を信じることが困難になり、浮気を許せずにいる奥様がいます。

離婚も視野に悩み苦しんで結果を出せない方。

たいていは、その原因はお子さんの問題です。子供のために我慢している妻はたくさんいます。子供が成人するまでは、じっと耐えているのです。

家事や子育てに関心を示さず、自分の事ばかりで何も協力してくれない夫に嫌気がさし、ストレスを抱える妻。

仕事が忙しく、家庭に安らぎを求めても仕事の問題を理解しようとしない妻に腹立たしくなりイライラをぶつけてくる夫。

それぞれ、相手が理解し変わってくれれば、夫婦関係を修復できると最初は考えます。

当興信所にご相談に来られる方々も、まず口火を切る言葉は相手の不満なのです。

夫さえ(妻さえ)変わってくれれば・・・・

浮気をするなんて問答無用!

浮気や夫婦の悩みは大きなミゾへと繋がります。

深刻な夫婦危機にならないために

長い年夫婦を続けていると、夫や妻の気持ちを逆なでせず、お互いに上手く付き合う事が円満の秘訣かもしれません。

夫婦で意見が合わない時、イライラします。お互いに自分の意見を引きません。そんなとき賢明な人は、相手の意見に合わせるのです。

円満夫婦の場合は、事の実権は夫が握っていても妻に決定する権利を与え、事実上妻に権限があるかのように上手く操る賢明な夫がいます。

なので、妻を尊重しているようにすることで、妻は気分が良く、気持ちも穏やかです。つまり、妻に任せてあるという自信を与えるのです。

妻も同じように男は自分が立てられていると気分がいいのです。心の中では、???と思うことが多少あっても一生この人と人生を共にしようと思うのであれば、賢明な女性であってください。

お互いに相手を尊重していれば、自然と円満な家庭生活が営まれます。相手の浮気の原因はお互いの人間関係がぎくしゃくして崩れてしまったからなのです。

家庭円満が一番です。しかし、どうしても我慢できない状況と、浮気や不倫問題でお悩みでしたら、当興信所にご相談ください。

実体験と豊富な経験知識でお話をお伺い致します。

二股交際

 芸能人の二股交際が話題になっている。

とある男性芸人と本命の女子アナの他にモデルの女性が登場人物。男性芸人曰く「本命は女子アナの彼女である」。では、モデルの女性は自宅に招き入れる「女友達」となる訳だが、探偵目線でもの申すと「未婚の男女が自宅で長時間過ごす行為」は恋愛関係が濃厚と言える。

仮に「他にも友人が同席していた」と男性芸人が主張したとしても「信用されない」行為をした責がある事を自覚するべきと考える。

今回のケースを既婚者に置き換えれば「言い訳できない行動」となる。

大人の恋愛問題なので「自由」なわけだが男性芸人の行動は芸能界でのポジションから考えても「軽率」であったような気がしてならない。損な行動を自ら選ぶ「性格の持ち主」なのかもしれない。

 

家庭を守る

 興信所の業務(調査活動)の多くは「家庭を守る」為の依頼から行われる。

浮気で家庭を壊す危機や異性問題で離婚の可能性を危惧して行われる。離婚を前提に証拠を残す行為は一般的だが「家庭を守る」意味での調査活動は世間になじみが浅い。

「お灸を据える」ため依頼人がパートナーを素行調査するケースがポピュラーで「浮気の証拠」を突きつけ改心させる事が目的に行われる。過去の依頼人からもリバイバルが多く「浮気常習者」の気質を持ち合わせた調査対象が存在している。

夫婦問題や男女問題でお悩みの方にはおすすめの調査と言える。

男性問題と女性問題

 興信所の無料相談業務で相談者から寄せられる内容で最も多い相談内容が「異性問題」の悩みである。

男性は女性の心情を理解に苦しみ、女性は男性の心情を理解に苦しんでいる。そもそも、男性と女性は同じ人間でありながら「担う役割が違う」生き物であるため「理解に苦しむ事」は当然なのかもしれない。

自然界の生き物たちを例に上げると「雄と雌」が担う役割の違いは理解しやすいと考える。

人間は「欲深い生き物」であるため恋愛対象にも理想が高く、現在のパートナーよりも優れた人物を欲している。これはあくまで「本能に近い行為」であり強い遺伝子を残そうとする本能に基づく行為と言えるが「理性」に反した行為に間違いない。理性が無ければ現代社会の秩序は成立しない。

自然界の次元で男女問題を定義すると「長期に渡る婚姻生活」には無理があるのではないかと考えるのは私だけだろうか?

最近の浮気事情

男性の浮気と女性の浮気、比率としてはまだまだ男性の方が多いかもしれない。しかし、ここ何年か女性の浮気調査が多くなっている。

彼氏や旦那に男としての魅力が欠乏しているのか、それとも貞操観念という言葉自体が死語に近いと言われるほど希薄になっているのは事実である。草食系男子が増え、肉食係女子が増えた昨今、浮気に対する罪悪感も薄くなり、ファッション感覚で浮気に走る女性が増えているのかもしれない。

元アイドルタレント妻の浮気はその傾向のひとつであろう。

実際、ここ何年かの妻の浮気調査では昔では信じられないケースもある。