浮気相手を訴える 信頼の興信所アーガスリサーチ 東京都公安委員会 探偵業届出済(第30070158号)

興信所アーガスリサーチ

お見積もり相談無料・24時間対応
TEL:0120-132-417
menu

HOME > コラム一覧 > 浮気調査・不倫調査について > 浮気相手を訴える

浮気相手を訴える

浮気調査はおまかせください。興信所のアーガスリサーチ

訴える

浮気相手に償わせたい

浮気をする人には当然その浮気の相手が存在します。
(※特に男性の場合は風俗関係の女性の場合もありますが、ここでは風俗女性については省略します。)

浮気された人としては、配偶者だけでなく浮気相手に対しても償いをさせたいという気持ちを持つのが普通でしょう。

例えば、夫が浮気をした場合、妻に対する不法行為となりますが、夫の浮気相手も同様に妻に対して夫とともに不法行為(共同不法行為)を行った加害者となります。

不法行為者に対しては民事訴訟において損害賠償請求ができますので、浮気相手にも相応の償いをさせることは可能なわけですね。

ただしあくまでも既婚者である事を相手も知っているというのが前提となります。

仮に配偶者が浮気相手に独身として接触をしており、相手がそれを信じていた場合はこの限りではなくなります。 但し、相手方も既婚者であること知らなかったということを証明する必要がある上に、めったにないケースではありますね。

逆に相手も結婚しておりいわゆるW不倫であった場合は、相手の配偶者から訴えられる場合もあります。もちろん責任を負う対象はあなたではなく配偶者になります。

浮気相手を民事訴訟で訴える

まず、きちんと法的に償いをさせるために内容証明郵便を送ったり、浮気相手を訴える場合に訴状を送る時には、事前に浮気相手の身元(素性)を特定しておくことが非常に重要となります。

民事訴訟に関する手続きにおいては、訴える相手方の氏名・住所を特定した上でなければ内容証明郵便送付・訴状の送達等に支障をきたしてしまうからです。

浮気調査では配偶者の浮気相手の身元も調べることができます。

特に配偶者を尾行して浮気相手と合流した場合は、そのまま浮気相手を尾行して帰宅先をつきとめるケースが多く、そこから素性を明らかにしていく流れとなります。

もちろん証拠もなく相手方に勝訴することはできませんので、相手の不法行為を追及するなら明確な浮気の証拠を手にしていなければならないのは言うまでもありません。

そもそも不法行為には立証責任がありますので、浮気された方が自ら証拠集めをして証明を行わなければならないのです。

また、ご依頼の前に浮気相手について何らかの情報を入手できている場合、実際の調査をよりスムーズに進めることもできますが、無理にいろいろと探りを入れようとして警戒されてしまっては元も子もありませんので、そうならないように十分に注意して「可能な範囲で行う」ことが重要になります。

※以下のページもご参考下さい。