段取り

 調査の現場において「依頼人との段取り」(打ち合わせ)がしっかりした案件ほど物事がスムーズに進行する。特に「最悪のケース」を想定した調査方針は安定感があり「依頼人に納得のゆく結果」をもたらす。

逆に「最高のケース」を想定した調査は2度手間が多く、調査終了までに掛かる費用と時間が無駄だらけと言える。依頼人の多くは「最高の結果」を求めがちだ。自ずと調査方針も「最高のケース」を想定した手法を選択してしまう。

我々探偵の経験値を信頼していただければ「依頼人との段取り」の時点でベストチョイスを選択できる。最終的に2度手間が無くスムーズなそつない調査進行を現実のものと出来る。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)