ご縁と世間

 人の縁には「必然」を感じる。

興信所や探偵の調査業務で「世間の本質」を垣間見る機会が多いことが基因して、そう思わせるのだろう。必要な「縁」であれば「人の目」(調査)が入り評価が下される。

これが現実の世間と理解している。

人と人の繋がりは必要不可欠。結婚しかり仕事しかり日常生活しかり、何から何まで一人きりでこなせる「現代人」は滅多にお目にかからない。

進路決定には大なり小ない「判断材料」が必要不可欠に間違いなく、第三者の平等な意見や経験が大きく役立つ場面でもある。事、ビジネスの判断などで上記の場面に日常頭を抱えている経営者は多いと理解している。

他人よりも「縁」がないと感じている経営者や、人生の分岐点とも言える場面での「判断材料」が欲しいとお考えの方には「興信所」の「目」は価値あるものと考える。

 

 

調査料金と守秘義務

興信所に舞い込む依頼は様々です。

多いのは浮気調査などの素行調査、行方不明者の捜索、そして「我が家が盗聴されていないか?」といった盗聴調査から法人個人の信用調査などが代表的な業務として挙げられます。

よく質問を受ける調査費用に関してですが、弊社のようにキッチリと調査項目と費用の目安を提示し後払いとしている所もありますが、「まずはご依頼の内容を詳細にうかがってからお見積もり」といった探偵事務所もあり、その料金体系はまちまちである程度の金額を先払いにするところが結構あります。あくまでも参考ですが弁護士さんなどの報酬と同じようなイメージでとらえて頂ければ良いかと思います。

ただし、「ある程度費用の目安がわかっていないと依頼ができるかどうかの判断もつかない」といったお客様も多いかと思いますので、そのあたりは遠慮無くお問い合わせをして頂ければと思います。

費用の次に多くのご質問を頂くのが、「依頼したことの守秘は完璧なのか?」といったご質問です。

こちらも弁護士さんと一緒で、興信所として営業を行う際には公的機関には届け出をする必要があり、その中で依頼人の守秘義務には厳しい責任を負う旨が探偵業法という法律にも謳われています。スタッフに対しても研修などを通じて守秘義務に関する部分は徹底して教育を施しております。何よりも信用第一が求められる商売ですので、そのあたりは当方でも高いプロ意識を持ってサービスを提供させて頂くようにしております。

費用や守秘義務には不安をお持ちの方も多いかと思いますが、まずはお気軽に相談からお持ち頂ければと思います。

興信所の実績とは

 実績とはある程度の社歴が無ければ公に掲げられないと個人的には考える。

起業して数年で「実績と信頼」ははっきり言って得られない。

世間一般的な判断も同様だと思うが、探偵や興信所を選ぶ基準で真っ先に注視しなければならない「業歴や社歴」。信用調査を多く手掛ける興信所にあり、「基本」とも言える自社の存在表記。

業歴や社歴の無い「ホームページやサイト」に連絡をする事はお勧めできない。

探偵業に限った事ではない。実績を語るにふさわしい会社か?一目瞭然であると言える。

興信所の必要性

 真面目なお話しになるが世の中には必要とされる職業が無数に存在している。

身近な衣食住に関わる仕事は元より、職業には「必要性」があり需要と供給のバランスで成り立っている。探偵や興信所は毎年、多くの届け出により起業されるが「需要」が少ない職業なので同じ数の廃業届けが出される現状にある。

簡単に「飽和状態」と言える。

老舗探偵や老舗興信所は「需要の面で得意先」や「顧客」をもっている。

実績をつくり信頼を勝ち取った結果と思う。実績面で理想と現実には大きなギャップが存在しており「新参者の探偵や興信所」には厳しい世の中である。事実、口八丁で依頼を得ても「調査結果」が伴わなければ必要とされない厳しい世界なのである。

仕事の大小

 探偵にとって依頼の大小は関係ない。

実際に調査を行えば理解できる簡単な事なのだが、利益に走ってしまう探偵や興信所には簡単な事が理解できないとみえる。

具体的に素行調査などで例を挙げれば「1日を要する依頼」も「10日を要する依頼」も現場の探偵達の仕事内容に変化が無く「10万円の仕事」も「100万円の仕事」もやるべき事は一緒。

短期間の依頼だから結果が出ない訳でもなく、長期間の依頼だから確実に結果が出る訳でもない。現場の探偵や調査員達は「同じモチベーション」で「自分のもてる力」で依頼にあたる。

職人気質と近い感覚が現場にはあり、この気質なくして「調査結果」は出せない思う。

信頼できる探偵とは「仕事の大小に関係なく」同じテンションで調査結果にこだわっている。