一人前の探偵

 私自身「探偵として力がついた」と実感したきっかけの話をしたい。丁度10年程前に困難な所在調査の案件に着手していた。探している人物は「過去に探偵をしていた」人物で在籍していた興信所も閉鎖している状況だった。

手がかりは在籍していた興信所の関係者を精査する事なのだが、閉鎖してかなりの年数が経った現地の聞き込みから得られる情報は乏しく嫌なムードが漂い始めていた。

残された情報源は閉鎖謄本をさかのぼり役員欄をありったけ取得し、関係者を片っ端からあたる、まさに靴底をすりへらした調査だった。

 

 

 

 

機材に優しくない季節

 機材に負担がかかる季節は夏場です。電子機器に湿度と高温は大敵で時として不具合をおこします。

事務所の機材も私物も同じようにメンテナンスしてはいるのですが、使用頻度が高い機材の消耗からくる不具合は避けようがありません。

私物ほど使用頻度が高く精度が高い機材を購入するため・・・・・故障のショックは精神的にダメージが大きく仕事へのテンションも下がって具合が悪い。

最近のデジタル機器はアナログ時代に比べ消耗品の耐久性が落ちた感がある。

製品をある程度のサイクルで新調させたいメーカーの意図も理解出来る。

しかし、使い捨てよりなスタンスの製品は名機と呼ばれるシンボル的製品を生み出す事からかけ離れているし、企業を長い目でみた時の消費者が持つイメージも決して良くない。

まさに大きなループの悪循環。

一消費者の意見としては「値段がそれなりでも付加価値があれば大満足であり、購買意欲を強くそそられます。」どうか、そんな日本の企業がこの先増える事を期待したい。

 

 

アナログ探偵だった頃2

 世間をさわがす大事件だけに警察もピリピリしていた矢先だった。対象者が入ったマンションと警察署にはさまれる形で調査を続行するしか方法がなく感覚的に嫌な予感をもって仕事を続けた。

一時間を経過した時に一人の中年男性がこちらにむかって歩いてくる。後方、側面にも中年男性4名に囲まれた。あっと言う間に車輌のドアをすべて塞がれ職務質問をうけた。

こちらの言い分を信じていない様子。

探偵で仕事中にもかかわらず刑事5名に連れられ署内で取り調べを受ける事になった。

職業柄刑事さんと話す機会があったため楽しい談笑の取り調べになって無罪放免で警察を出たときにはすでに対象車両は無く、探偵事務所の所長に大目玉をくらってしまった。

映画や小説のような場面は過去の記憶にあるが警察官の立ち回りの用意周到さが未だに忘れられない鮮烈な状況だった。

 

 

アナログ探偵だったころ

 秋が近づくと思い出す。まだ、私が20代の若造で先輩探偵の足を引っ張っていた頃。毎日のように調査現場を数軒はしごしたりと多忙な日々を送っていた。早朝から深夜まで仕事で、寝る以外の時間は尾行尾行尾行・・・・(疲れて帰宅できず車中泊もざらにあった)

そんな秋の日曜日、千葉県某所の浮気調査を一人で行っていた。当時は機材もアナログで広域無線だけがデジタルだったと記憶している。その日の調査も終盤にさしかかったところで対象者が車輌で警察署裏に在するマンションに入った。当時としては新しいオーロックで対象者がどの部屋に入ったかつきとめられなかった。

警察署は地下鉄サリン事件以降警戒が厳しく警備の警官が立哨するようになった。

 

女心と秋の空

 9月に入り台風の影響で全国的に不安定な空模様。空を流れる雲のスピードが速く、秋のおとずれをかんじ残暑に身を置いている。

秋は台風シーズンでもあり警戒が必要な季節、台風を心待ちにしているのは心身共に鍛え抜かれたリアルサーファーだけだろう。

 

 「女心と秋の空」とは、変化しやすい秋の天気を移ろいやすい女性の心に例えた言葉だが現代女性には少々マッチしずらくなったと私個人は考えている。

特に「女心」は複雑で繊細な心境をあらわす表現だが、現代においてたとえるべきは「男性」では?と考えてしまう。繊細でか弱い草食系男子に代表される世間の風潮や男女平等からくる社会的立場の優劣においてもである。ここぞの場面での現代女性の強さは目を見張るものがある。

我々が仕事上関係する男女問題においても同様の傾向を感じている。ぶれない女性が多く子供は欲しいが旦那はいらないなどの自活力の向上や、結婚生活に魅了を感じない女性の増加なども大きな原因かと思う。結婚生活で女性の占める負担が大きく、共稼ぎなくして普通の生活は現実難しいと判断している考えが一般的になっているからだろう。

現代男性には微妙な扱いが増えている。離婚問題に関しても同様の風潮で生活力の弱い男性に関して言えば、離婚後の養育費負担は最たる物と言える。

こう考えると世の中の流れが「女性主流」に進んでいるようにおもえてしまうのは私だけだろうか?