引導を渡す

浮気調査は浮気相手に対して「言い逃れのできない引導を渡す」行為に他ならない。

不倫関係で「楽しい時間を過ごした分だけ辛い後処理」もやってくる。浮気相手のパートナーから探偵に浮気調査が依頼され「動かぬ証拠」を撮影される。嘘やごまかしのきかない調査報告がパートナーに行われ「楽しい夢のような快楽は終焉」する。

浮気をしている多くの人物は「知られなければ大丈夫」と自身に言い聞かせ危険な情事を繰り返している。

しかし、偽りを重ね「パートナーをあざむき」続けた罰は必ず訪れる。

その罰が何時どのようなカタチで訪れるか個人差があるだけの話である。

数え切れない依頼人達を見て生きている探偵の言葉に嘘はない。もし、この文書に出会い「浮気をやめる」決心が付く方が存在したならば探偵冥利につきる。

浮気調査とGPSのリスク

GPSによる浮気調査のリスク

「GPS」を利用してパートナーの行動を把握する浮気調査の手法が広く知られるようになりました。

例えば、仕事に持ち歩く鞄の底や使用しない収納場所に小型GPSロガーを潜ませ、後日に回収して軌跡を確認するなど。

勤務先以外での行動が把握でき、滞在時間もおおよそ推測出来ることから、浮気調査において力を発揮するのは事実です。

御依頼者から提供された情報で、探偵が結果が得られるまでに必要とされる「期間や費用」に大幅な差が生じる事があるため、浮気調査の予備調査という視点においても御依頼者にとってメリットが大きいと思います。

ただ、事を焦ってGPSを用いる行為はおすすめ出来ません。

調査に慣れていない方は、証拠が欲しいあまりに「GPSが発見されるリスク」まで考慮していないことがあります。

例えば、どのように設置すればバレないか?という基本的なことや、毎日のGPSからのデータ回収などは最低限にとどめておくことなど。

もし、パートナーが注意深かったり神経質な人物であるならば、ご自身でのGPS使用は避けたほうが賢明であり、別の方法での情報収集に止めておく事をおすすめ致します。

なぜこのようなことを言うのかと言いますと、ご自身で費用をかけずにパートナーの浮気の証拠を得ようと考えてGPSを使用する方が増加傾向にあるからです。

GPSの誤差

ご自身でGPSを購入・レンタルすれば、パートナーの所持品に忍ばせたり車輌に取り付けたりといった手段で行動の把握に成功するかもしれません。

しかし、パートナーの行動に嘘がなく、予定調和の行動がGPSで確認できていても落とし穴は存在します。

GPSで調査を行った場合に重要になる点の一つは「GPSの誤差」です。機械の性質上どのような環境下でも誤差は生じます。

生じる誤差は半径500メートルから50メートルと広く、「都市部の繁華街」などでこの誤差が生じた場合に現在地点の信憑性はかなり低くなります。

プロの探偵が持つ経験値はこの誤差を小さくすることも可能ですが、何より実際に尾行して目撃している事実と全く異なる想定をしてしまうことも考えられます。

どうしても調査に必要な予算が無い場合は、ご自身で何度もGPSを確認し、誤差を小さい半径に絞る作業が必要になります。

パートナーが頻繁に出入りしている地域を限定できるメリットがあると同時に、浮気相手と「何曜日の何時頃に会ってそう」などの情報が統計として得られるかもしれません。

但しこれらは気の長い作業となる上、デメリットがあることは言うまでもなく、「パートナーに気づかれるリスク」や警戒心をもった人物の調査は困難となることの覚悟が必要です。

雪の中のバレンタインデー

2月14日、今日は恋人たちや女性にとっては待ちに待ってたバレンタインデー。

東京でも朝未明より降り始めた雪により既に積もっている。

女性にとって嬉しいバレンタインデーであるが興信所や探偵にとっても大事な日なのである。なんといっても浮気調査における結果が出やすい日なのである為、浮気調査の依頼が多い。

浮気や不倫をしている女性にとっても相手男性に会いたいと思うのは恋人と変わらない感情なのであろう。

ところがこの雪。先日も雪の中の運転について述べたが尾行するのも一苦労である。また歩きの尾行でも雪道には充分に気を遣わないと大変である。まして長時間の張り込みには芯から冷えてしまう。

今日はありがたい事に忙しいがこの雪には困ったものである。早々に止んでほしい。

 

 

興信所の調査料金とは

興信所や探偵事務所に支払う料金として、よく高すぎるという不満を聞くことがあります。調査会社にもよりますが、確かに浮気調査などでも一日何万という金額が必要になってきますし、数日間続いたりと場合によっては百万越えということも少なくないので、高いというイメージが就くのは当たり前のことかもしれません。

ですがだからといって、安い料金を提示している興信所や探偵事務所を利用することはあまりオススメできません。もちろん電話で話してやり取りして、実際話してみての印象も含めて、それでも信頼できると感じた相手に任すというのならば何も問題はないのですが、安いというだけで即決するのは非常に危険です。

それよりは調査日数を減らして、かかる金額を安くする工夫をしてみましょう。料金は一日何万と発生するものなので、早いうちに結果を出してしまえば、比較的依頼しやすい値段で抑えることが可能なのです。

そのために知っている情報は、全て探偵に話すようにしたいですね。浮気調査ならば何曜日が怪しいのか、相手の行動範囲はどのくらいか、などということをあますこと無く伝えることができれば、調査もスムーズに進むはずです。

また依頼料はその興信所や探偵事務所によっても異なるので、金額ばかりで選ぶのは問題とはいえ、見積もりをもらってそこから依頼するところも決めるのも一つの手かもしれません。

 

興信所の浮気調査

 興信所や探偵が行う業務のなかで最も扱う頻度が高い調査が「浮気調査」と言えます。

交際相手やパートナーの素行調査を行い「浮気の証拠」を撮影する事を目的に行います。依頼人の目的や思惑は様々で「浮気癖にお灸をすえる」「先々の保身」の為に浮気の証拠を確保する方もいらっしゃいます。家庭のなかで立場が弱い方には浮気調査が必要になる傾向にあると言えます。

例えるならば「娘婿で嫁の実家で同居」の方や「夫の実家で同居のお嫁さん」などが家庭内での立場が比較的弱く様々な場面で「我慢」をして日々生活されている。そんな家庭環境にプラスして「浮気」をされる事態に遭遇しようものなら大抵の人間は「我慢の限界」を迎えます。

家庭内で立場が弱くとも「法律上全ての人に与えられる権利や主張」はあります。

我々興信所や探偵は立場の弱い方のお力添えを調査業務で行っていると言えます。もし、あなたの「我慢が限界」ならばいつでも相談しアドバイスを受けると良いでしょう。経験値の高い相談員が「適切な対処方法」に導くことでしょう。