興信所はどこまでわかる、調べられるのか

興信所アーガスリサーチ

お見積もり相談無料・24時間対応
TEL:0120-132-417
menu

HOME > コラム一覧 > 興信所について > 興信所はどこまで調べられるのか

興信所はどこまで
調べられるのか

浮気調査はおまかせください。興信所アーガスリサーチ

興信所

興信所に依頼されたことがない方は「興信所っていったいどこまでわかるの?調べられるの?」との疑問をお持ちになるかもしれません。

そこで興信所はどこまで調べられるかについてFAQ形式でお答えしたいと思います。

Q1.興信所はどこまでわかるのですか?

  • 氏名、住所、勤務先など素性に関することを調べられる
  • 表での行動は調べられるが、自宅内や密室内での行動や詳細な情報などはわからない

興信所は主に個人に関する「情報」や「行動」を調べ、尾行・張り込み・聞き込みなどを調査の方法としています。

人によっては自身の素性から普段の行動、浮気して付き合っている相手の情報などまで様々な事を調べられてしまうこともあります。

Q2.興信所は何でも調べられますか?

興信所は何でも調べられる、調べて良いというわけではなく、調査対象や調査方法について制限があります。それをご説明する上で外せないものが「法律」と「権限」についてです。

1.「探偵業法」

興信所を営業する上で適用される法律として、まず「探偵業法」があります。

現代の興信所と呼ばれる調査会社は「探偵」とほぼ同義であるのが実態だからです。

同法には探偵業の定義が記載されています。

第二条(定義)
他人の依頼を受けて、特定人の所在又は行動についての情報であって当該依頼に係るものを収集することを目的として面接による聞込み、尾行、張込みその他これらに類する方法により実地の調査を行い、その調査の結果を当該依頼者に報告する業務を行う営業をいう。

興信所が尾行・張り込み・聞き込みを用いる調査を行う場合は探偵業法の規制を受けるわけですが、同法によって探偵と同様、業務のために尾行・張り込み・聞き込みを行うことが認められています。

このように法律で明確に認められているのは探偵だけですので、正当な権限と言えるかもしれません。

但し、あくまで法律に乗っ取った上での尾行・張り込み・聞き込みに限定され、例えば、住居不法侵入をしたり、他人に不安や恐怖を与えたような場合は違法行為となってしまいます。

その他、窃盗、器物損壊など通常の犯罪行為を用いた調査はもちろん犯罪となります。

また、同法では「差別に関する調査」「犯罪行為や違法な行為のために用いられる調査」は禁止されています。

第九条(探偵)
探偵業者は、当該探偵業務に係る調査の結果が犯罪行為、違法な差別的取扱いその他の違法な行為のために用いられることを知ったときは、当該探偵業務を行ってはならない。

(禁止調査の例)

結婚や就職に際し、対象者の出自を調べるような調査
→ 差別調査に該当

依頼者がストーカーであり、ストーカー行為を行うために対象者の所在を調べる調査
→ 犯罪行為や違法な行為のために用いられる調査に該当

これらの調査を行うことは探偵業法違反に該当します。

別の言い方をすれば、同法の規定により探偵や興信所には上記のような調査をする権限はなく、むしろ違法となるということになります。

2.「興信所業者が講ずべき個人情報保護のための措置の特例に関する指針」

これは興信所業者に関わるガイドラインであり、特に個人情報の取扱いについて定められています。

同ガイドラインには興信所の調査業務に関する定義が記載されています。

他人(個人である者に限る。以下、同じ。)の生命、身体、財産その他の権益保護のために必要な人の所在又は行動に関する事項について、当該他人の需要に応じて調査し、その結果を当該他人に報告する業務。

また、依頼内容に法的な正当性(法的根拠)がない場合は、調査対象者に調査することを通知しなければならないとされています。

但し、以下のようなケースでの調査は行わないようにしなければなりません。

  • 社会的差別となる原因となるとき
  • ストーカー行為規制法違反やその他の犯罪となるとき
  • DV被害者の所在調査が目的であるとき

また、例えば盗聴器を用いる場合など違法な手段に該当しないように調査をしなければならないとも記載されています。

探偵業法と異なる点は、ガイドラインのため特に罰則がないことですが、尾行・張り込みを調査で用いる場合はやはり探偵業法での届出が必要になります。

Q3.興信所がしてはいけない調査とは何ですか?

興信所がしてはいけない調査とは何か?という疑問に対して、上述の法律から考慮すると以下の2点がポイントとなります。

  • 尾行、張り込み、聞き込みを用いた調査ができる(但し探偵業の届出が必要)が、犯罪や違法な行為を伴うことはできない。
  • 差別やストーカー行為、DV被害者の所在判明その他、犯罪や違法な目的による調査はできない。(探偵と同様)

Q4.興信所の得意な調査分野とは何ですか?

興信所の得意分野は企業からの信用調査や雇用にかかわる身元調査、個人からの依頼では結婚調査などが多いと思われるかもしれませんが、実際には尾行・張り込みをする素行調査、浮気や不倫の事実を調べる浮気調査、失踪人の捜索などを得意とする興信所も多数実在しています。

最近では女性の社会進出の影響からか、妻からの依頼よりも妻の浮気調査を依頼する夫がかなり増加しており、離婚率の増加の一因とも聞かれます。

また長引く不況も重なり、金銭トラブルにかかわる人探しや所在調査などが多い今日この頃であります。

調査業という括りで興信所と探偵事務所は同業種であり、両者の請け負う調査項目も現在ではそのほとんどが同様となっています。

古くは紳士録等の編纂を業務としていた興信所ですが、現代においては紳士録を出版する興信所はなくなり「興信所と探偵の違い」はほとんどなくなったと言えるでしょう。

若干ではありますが、情報系の調査や所在調査、内偵と呼ばれる調査などは興信所と名乗っている業者が得意としている傾向があるように思えます。

※下記の関連ページもご参考下さい。