浮気相手のフリーメールアドレスがわかったが身元を特定できるか

興信所アーガスリサーチ

お見積もり相談無料・24時間対応
TEL:0120-132-417
menu

HOME > コラム一覧 > 調査員が語る > 浮気相手のフリーメールアドレスがわかったが身元を特定できるか

フリーメールアドレスから
身元を特定できるか

フリーメールから身元特定?

フリーメール

パートナーが浮気をしている、もしくは浮気をしている可能性があった際に、浮気相手のフリーメールアドレスがわかったとします。

パートナーがスマートフォンやパソコンを使って、浮気相手と思われる人とメールのやり取りをしていたことがわかった場合、その際フリーメールのアドレスをメモする方も多いです。

しかしフリーメールのアドレスがわかったものの、浮気相手に関してそれ以上わからないと悩むかもしれません。

せっかく浮気相手について、1つ情報がわかったのに進展しないと頭を抱える方もいます。

では、フリーメールのアドレスがわかれば浮気相手の身元は特定できるのでしょうか。

名前が表示されていても本名の可能性は薄い

フリーメールアドレスを使って、相手にメールを送るときに、メール受信画面にアドレスだけではなく名前を表示できるよう設定することができます。

企業であれば企業名や担当者名、個人でやり取りするなら本名を入力する人もいるでしょう。

しかし浮気相手にメールを送信する場合、名前を入力する人は少ないです。

仮に名前を入力していても、あだ名である場合や仮の名前を使っているかもしれません。

そのため、メールアドレスと併せて名前が表示されていても本名だろうと信用しないほうがよいです。

各会社によって個人情報の入力項目が違う

フリーメールアドレスを入手したいと登録する際に、いくつか情報の入力を求められます。

名前、誕生日、住所、電話番号といった個人情報を入力してフリーメールアドレスを入手します。

各会社によって、入力する個人情報の項目が異なります。

中には、名前や誕生日や住んでいる都道府県を入力すればアドレスを入手できることもあります。

そのため、誰でも気軽にフリーメールアドレスを入手できるようになりました。

必ずしも本当の情報を入力する必要はない

フリーメールアドレスを入手する際に個人情報を入力しますが、その際必ずしも本名を入力する必要はありません。

あだ名で使っている名前など、本名以外の名前を入力してもフリーメールアドレスは入手できます。

住んでいる都道府県や年齢などを偽っても、絶対に登録できないということではありません。

そのため、浮気相手とやり取りするためのフリーメールであれば本名を入力している可能性が薄いです。

仮に情報を特定されても、本名がバレないようにと入力する方が多いでしょう。

浮気相手同士本名などを告げずに、フリーメールでやり取りしている

フリーメールアドレスを入手する際に本名を入力する必要がないため、浮気相手にも本名や住んでいる場所などを伝えたくない方も活用しています。

お互い既婚者の場合など、浮気がバレたときのことを考え、お互いが本名や住所を入力せずにフリーメールでやり取りすることがあります。

仮に浮気がバレたとしても、フリーメールアドレスを削除してしまえば、どこの誰と浮気してたかわからないのです。

フリーメールは複数取得できるので、浮気がバレないようにと対策がしやすいです。

探偵に依頼すれば、身元を特定できるのか?

素人ではこれ以上、浮気相手について調べることは難しいだろうと思い探偵に調査をお願いすることがあるでしょう。

しかし、フリーメールからは身元を特定することは難しいです。

犯罪にフリーメールアドレスが利用されている場合は、警察が調査のために個人情報の開示を求めることがあります。

犯罪性がなければ、また警察以外には個人情報の開示をすることがありません。

探偵はフリーメールアドレスから身元を特定するのではなく、パートナーや浮気相手を尾行するなど、ほかの手段を使って身元を特定しています。