不倫の事実を立証することが大切!不倫を証明するのに必要な証拠10選

興信所アーガスリサーチ

お見積もり相談無料・24時間対応
TEL:0120-132-417
menu

HOME > コラム一覧 > 調査員が語る > 不倫を証明するのに必要な証拠10選

不倫を証明する
必要な証拠10選

配偶者に不倫をされてしまった人は大きな精神的ダメージを負います。

その反面、不倫をしていたという事実が立証できれば配偶者や不倫相手に慰謝料を請求したり、自分に有利な条件で離婚できたりするものです。

不倫を立証する証拠とは具体的にはどのようなものなのでしょうか?

不倫を立証できる証拠や、証拠として弱いとされる事柄についてチェックしていきましょう。

不倫を立証するために有利な証拠とは?

1. 不倫を自白した録音

最も確実なのは、配偶者や不倫相手が不倫を認めることです。

不倫を認めると大きく不利になるため自白を取るのは難しいものですが、配偶者が不意に不倫を認めたり、不倫相手が自己顕示欲のために不倫を明かしてきたりするケースは意外とあるのです。こういった会話を録音しておけば確実な証拠として使えます。

不倫の自白以外にも、意外な録音データが役に立つこともあるものです。配偶者や不倫相手との会話はスマホやボイスレコーダーを使って録音しておくことをおすすめいたします。

2. 不倫に関する写真や動画

証拠として確実なのは性行為中の写真です。性行為中に写真や動画を撮るタイプのカップルは少なくないものなので、こういったデータを押さえることができれば決定的な証拠として使えます。

性行為が証明できなくても、2人でラブホテルに入ってく写真や抱き合っている写真などがあれば十分な証拠になります。ポイントは、性行為の事実を推認させるような直接的な写真や動画を撮影することです。

3. メールやラインのやり取り

交際や肉体関係を匂わせるメールやLINE、SNSのやり取りも証拠として活用できます。メール画面をスクリーンショットで保存するのもよいのですが、相手のパソコンやスマホの画面を直接撮影しておいたほうが証拠として有利になりやすいものです。

ただし日常会話程度のやり取りでは、証拠として活用するのは難しくなります。

4. 電話の通話記録

不倫相手との通話記録を不倫の証拠として提出することも可能です。しかし、メールやLINEと同じように、電話で日常会話をしていただけでは不倫の証拠とは認められないことがあります。

5. 領収書や利用記録

ラブホテルの領収書やポイントカードのなどの利用記録を見つけた場合には証拠として保存しましょう。ほかにSuicaなど交通系ICカードの履歴、クレジットカードの明細書に残るETCの記録などで行動範囲を証明する方法も有効です。

レストランやショッピングのレシートが証拠になる可能性もありますが、これらの証拠能力はあまり高くはありません。

6. 日記やメモ

不倫の内容を日記やメモに残している方や、相手と手紙のやり取りをしている方もいます。また、スケジュール帳に不倫相手との密会の予定が記載されていることもあるかもしれません。現代はデジタル時代でメールやSNSにばかり目が行きがちですが、手書きの証拠が残されていないかもチェックしておきましょう。

浮気された側が日記として残しておいたものを証拠として使えることもあります。どんな出来事があったかをメモしておけば、あとあと有利になる可能性があります。

7. 第三者の証言

第三者に不倫の事実を証言してもらって証拠とするのも有効な方法です。友人や家族、職場の人などが不倫を目撃した場合には証言をお願いしてみましょう。

配偶者や不倫相手が立ち寄った店や宿の店員などに証言を頼むという手段もあります。しかし、お客様のプライバシーを重視するようなお店や宿の場合には証言してもらえないこともあるので気をつけましょう。

8. 妊娠を証明できるもの

配偶者や不倫相手の妊娠や堕胎を証明することで不倫を暴くという方法もあります。産婦人科の受診履歴や領収書などが手に入れば、証拠として保全しましょう。

産婦人科の医師に証言してもらおうと考える方もいるかもしれませんが、医師には患者の秘密を守る義務があるため教えてもらえることはまずありません。

9. 子供との親子関係を証明できるもの

不倫相手との子供を産んで、父親が違うことを隠して生活しているという女性もいるものです。この場合、血液型が合わなければ親子関係が立証しにくくなります。

血液型が一致していても、DNA鑑定で親子関係が否定されれば不倫の証拠となります。親子関係が疑われるときには2社以上にDNA鑑定を依頼し、確実な証拠を得るようにしましょう。

10. 興信所に不倫の調査を依頼するのがおすすめ

個人で不倫の証拠をつかむのは難しいものです。やみくもに調べ回った結果、配偶者や不倫相手に気付かれて証拠を処分されてしまうケースもあるかもしれません。

不倫の証拠収集はプロである興信所に任せましょう。興信所が独自の技術を使って証拠を集めたものを調査報告書として提出すれば、かなり有利な証拠として活用できます。

証拠として弱いとされるものもある

デジカメで撮った写真やメールのスクリーンショットなどは一見効果があるように思えますが、加工が疑われるケースもあるものです。デジタルではないカメラを使ったり相手のスマホを直接撮影したりと、加工が疑われない形で証拠を準備するのがおすすめです。

また、盗撮や盗聴など違法な方法で集められたデータは証拠と認められないことがあるので十分に気をつけましょう。

不倫された本人の証言だけでは弱い?

「キャバクラや風俗店を1回利用した」、「異性と出かけているのを見た」など配偶者の行動を証言するだけでは証拠と認められません。本人が確かに見たと証言しても、証拠がなければ不倫を立証することはできないのです。

不貞が疑われる場合には、この記事でご紹介したような有効な証拠を集めておきましょう。

配偶者の不倫が認められた場合には、慰謝料を請求したり離婚を申し出たりすることが可能です。また、確実な証拠がある場合には配偶者側が離婚を望んでも認められにくくなります。証拠をもとに夫婦関係を再構築させるのも選択肢の1つといえるでしょう。

不倫の確実な証拠を押さえておけば、状況にもよりますが数百万円という高額な慰謝料を配偶者と不倫相手の双方に求めることが可能となります。配偶者の不倫に気付いたときには、なによりも証拠集めが重要となるのです。