夫(旦那)が不倫をする心理とは

興信所アーガスリサーチ

お見積もり相談無料・24時間対応
TEL:0120-132-417
menu

HOME > コラム一覧 > 浮気・不倫について > 夫・旦那が不倫をする心理とは

夫・旦那の不倫の心理

浮気調査はおまかせください。興信所アーガスリサーチ

不倫する夫

不倫は「してはいけないこと」と世間的に言われており、法律的にも不貞行為という違法行為になります。

しかし、違法であり道徳に反することと分かっていても、不倫に走る方は絶えません。

なぜ不倫をしてしまうのでしょうか?

夫(旦那)が不倫をする時の心理的な原因は何なのかの例を挙げてみました。

寂しいという気持ちから不倫をする

夫(旦那)が不倫をする心理として、寂しいという気持ちがあります。

最近妻に冷たい態度をとられる、妻が優しくしてくれない、そっけない態度をとられるということから寂しい気持ちになり不倫をしてしまいます。

不倫相手と体の関係を持つことで温かい気持ちになり、寂しい気持ちがまぎれるのです。

寂しいという心理から夫が不倫をしてしまった場合、妻は夫に対して冷たい態度をとっていたのではないかと見直すことも必要でしょう。

ストレスを抱えて不倫をする

仕事でストレスを抱えていたり、家庭のことでイライラしたりしているときに、不倫をする男性がいます。

仕事や家庭のことで悩んでいるときに、優しくしてくれる女性がいたら不倫をしてしまいます。

不倫相手と話をしたり、また体を重ねたりしていると心理的にイライラが解消され、悩んでいることがばかばかしくなったとストレス解消ができるのです。

そしてまたストレスを溜めたら、不倫相手にイライラを解消してもらおうと不倫を繰り返します。

ストレスから夫が不倫をした場合、家庭のことで悩んでいた場合は妻は一緒に解決できないか寄り添いましょう。

妻のことでストレスを溜めることもあるので、自身が原因になっていないか、また改善できないか考えなおすことが大切です。

仕事のことで悩んでいる場合は、できるだけ話を聞くなど夫がうまくストレスを解消できるようサポートしましょう。

男性としての自信を取り戻すため不倫をする

結婚してからしばらくの間は妻に優しくしてもらっていた、体を重ねることも多かった、しかしここ最近は見向きもされないというケースがあります。

そして男性としての自信がなくなり、自信を取り戻そうと不倫するのです。

不倫相手に対し、自身と体の関係を持ってくれた、まだまだ男性として機能している、捨てたもんじゃないなどと自信を取り戻すきっかけになります。

夫が自信をなくし不倫した場合は、妻は夫との関係を見直しましょう。

お子さんを出産してから育児優先になり、夫のことが後回しになることもあります。

以前のようにたくさん時間が取れなくても、少ない時間でも良いので作り、夫と関わるようにしましょう。

お子さんはいないものの、結婚してから段々体を重ねる回数が減ってしまうというケースもあるでしょう。

その場合も、できる限り夫との時間を作ることが大切です。

妻とのセックスに飽き、性欲を満たしたい

男性は女性と比べると性欲が強く、妻のことが好きという気持ちだけではなく、性欲を満たしたいため体を重ねることがあります。

そのため性欲が満たされなくなってくると、別の女性と体の関係を持ってみようと不倫に走るのです。

久しぶりに妻以外の女性と体の関係を持つことができた、新鮮な気持ちで性欲が満たされたとうれしい気持ちになります。

この場合しばらくすると不倫相手にも飽きてしまい、また別の不倫相手を探す方もいます。

そして不倫を繰り返し性欲を満たすのです。

旦那が性欲が満たされないからと不倫した場合、セックスに関して考え直す必要があるでしょう。

いつも単調になっていないか、雰囲気を変えてみようなどと考えてみましょう。

自宅でいつも体を重ねているのであれば、たまにはホテルを利用するなど場所を変える方法もあります。

また妻は受け身になっていないか、セックスに対して前向きな気持ちか改めて見直し、夫と良い関係を築きましょう。