Gmail を利用すると身元はばれるのか

興信所アーガスリサーチ

お見積もり相談無料・24時間対応
TEL:0120-132-417
menu

HOME > コラム一覧 > 調査員が語る > Gmail を利用すると身元はばれるのか

なぜ Gmail で
身元がばれるのか

Gmail で身元がばれるケース

Gmail

Gmail(Gメール)」はプロバイダなどと契約しなくても、ネット上でアカウントを登録すれば無料で利用できるフリーメールサービスです。

パソコンやスマホ、タブレットなど手持ちのあらゆるデバイス上で同期が可能で、ネットにつながる環境さえあれば、どこでもメールチェックや送信ができるのも便利です。

世界的にユーザーが多く、個人だけでなく企業でも活用されている人気のメールサービスになっています。

もっとも、ビジネス上でも活用される便利なツールであるからこそ、気を付けなくてはならないこともあります。

Gmail を使うと気付かないうちに名前がバレている

Gmail に登録する際、みなさんはどうやって登録しているでしょうか。

氏名の入力を求められるので多くの方は普通に本名を入れて登録されているかもしれませんが、プライベートで利用する場合は注意が必要です。

Gmail を送った際の送信元にはGoogle アカウントに登録している名前が表示されてしまいます。

一般的なメーラーでは原則メールアドレスのみが表示され、氏名などを表示させたいときには設定が必要ですが、Gmail の場合はデフォルトでアカウント登録名が表示されてしまうため、実名を隠したい人や知られたくない人は注意しなくてはなりません。

もっとも、この仕組みを知らずに使い続けている方はけっこういらっしゃるのではないでしょうか。

自分自身に自分の Gmail アドレスからメールを送って受信する機会がないため、送信相手にどのように表示されているか気付くことができないからです。

たまたま、Gmail に届いたメールを別のメールアドレスや会社のメールアドレスに転送してみたところ、届いたメールアドレスの先頭に自分の本名が表示されて焦ったという方は少なくはないようです。

身元を隠すつもりで Gmail を使ったのに…

無料のフリーメールはアカウント登録すれば誰もが自由に利用できるため、自分の身元を特定されずにメッセージを送りたいときなどに使う方も多いのではないでしょうか。

特定されやすいプロバイダのアドレスや会社のメールアドレスを使いたくないときに、わざわざ取得して使う方も少なくありません。

たとえば、企業のサービスや商品にクレームをつけたいけれど本名を名乗る勇気が出ないといった際に匿名で送る場合や問い合わせフォームに仮名を入れて送信するようなケースです。

その際に Gmail から送信した場合や入力を求められた連絡先アドレスに Gmail を入れると思わぬリスクがあります。

自分では本名を隠しているつもりなのに、Gmail から送信すると相手には登録した名前が表示されています。

そのため、氏名を伏せたつもりが相手から「○○様」と丁寧に返信が来てしまい、なぜバレたんだと驚く方も少なくありません。

また、問い合わせフォームから Gmail 宛てに返信が届き、それに質問を返した場合や不満をさらに返信してしまうと相手に登録名が表示されてしまうので、仮名の名前とメールアドレスの先頭に表示される名前に齟齬が生じ、相手に仮名でクレームを言ってきたなとバレてしまうことになるのです。

Gmail は無記名の設定はできない

Gmail で本名が表示されるのは困るという場合、別の名前に変更は可能ですが「何も付けない」という設定はできません。

ほかのメーラーの場合、原則は無記名であり設定によって例えば「〇〇営業部△△」といった名前や部署などを表示させることができますが、Gmail の場合は逆に名称が出るのが基本なので、身元をバラしたくない人は仮名やニックネームなどに設定を変更する必要が生じるのです。

この設定を無しにはできないため、身元バレを防ぎたいメールは Gmail 以外から送るのが無難と言えます。