主婦の不倫は意外と多い!?出会いのきっかけやチェックポイントとは

興信所アーガスリサーチ

お見積もり相談無料・24時間対応
TEL:0120-132-417
menu

HOME > コラム一覧 > 調査員が語る > 主婦の不倫は意外と多い!?出会いのきっかけやチェックポイントとは

主婦の不倫
出会いのきっかけ

数年前から不倫を題材としたドラマや映画がヒットしています。その劇中で主人公となりやすいのが、意外にも主婦です。最近は、現実の世界でも不倫に走る主婦が増加傾向にあります。

そこで今回は主婦の不倫について、どのように出会っているのか、自身の妻が不倫をしていないか調べる際のチェックポイントなどを紹介します。

不倫する妻

主婦の不倫が増えているって本当?

一昔前までは不倫をするのは男性……つまり夫側で、相手は社内の部下や飲み屋で知り合った女性というケースが多かったように思われます。実際に不倫を題材にしたドラマや漫画などでも上記のような設定がよく見られました。

しかし最近は、主婦である妻側の不倫も増えています。「妻の不倫を暴いてほしい」という男性の相談者が興信所に増えているのです。

一体なぜ、主婦の不倫が増えているのでしょうか。

主婦が不倫をする理由とは?

夫に不満があるため

「夫に求めても疲れているからと言って応えてくれない」「数年以上セックスレスで夫婦生活が上手くいっていない」このように、夫との性問題が原因で不倫に手を出す主婦は多くいます。

結婚をして子どもを授かり、たとえ夫婦が家族になったとしても妻は夫に女性扱いをされたいもの。しかし「子どもの母親としてしか見れない」「女性としては扱えない」などの理由で夫にセックスを断られると、家庭外の場所で違う男性を求めてしまうのです。

昔の恋人や憧れの人と再会したため

同窓会や街中で偶然にも昔の恋人や憧れの人と再会したというドラマチックな展開が主婦を不倫の道に進ませてしまうこともあります。とくに夫婦生活がうまくいっていないときや性生活面に不満があるときには要注意。昔の情熱がよみがえり、不倫に陥りやすくなるのです。

また、「不倫をしてみたいけど、出会い系サイトなどで知り合った人と2人で会うのは不安」という主婦は少なくありません。その点、昔の恋人や憧れの人であれば2人で会うというハードルが低くなるのです。

精神的に満たされるため

不倫をすることで精神的に満たされると語る主婦もいます。普段から「夫から必要とされていない」「子どもの母親としてしか見られない」「家事や料理をする家政婦扱い」など、精神的な不満を感じている人の場合、不倫相手から女性扱いをしてもらうことで満足感を得ることができるのです。

寂しさを埋めるため

「専業主婦で家にこもりっぱなしで社会と切り離された気がする」このように語る女性は少なくありません。夫の帰りを待っているだけ、外出といえば近所のスーパーばかり、家事や料理をするだけの繰り返しの毎日……など、代り映えのない日常に寂しさを感じてしまうのです。

とくに、結婚前は社会人として働き、同僚と遊びに行ったり飲みに行ったりと独身時代を謳歌した女性は結婚後に寂しさを感じやすくなります。それに加えて夫が仕事優先で家庭を顧みてくれないとなると、どうしても外の世界で別の男性を求めてしまうのです。

主婦が不倫相手と出会うきっかけとは?

再就職先やパート・アルバイト先

子育てがひと段落して再就職やパート、アルバイトなどで働きに出た場合、その職場が不倫の出会い場になることがあります。これまで家にこもって子育てや家事ばかりをしてきたからこそ、新しい環境に身を置くと心も開放的になるもの。新しい職場には男性もたくさんいるでしょうから、女性扱いをされたり冗談でも口説かれたりすることがきっかけで不倫に発展してしまうことがあります。

同窓会

同窓会も不倫相手と出会いやすい場所の1つです。学生の頃に付き合っていた恋人や片思いの相手など、昔懐かしの甘酸っぱい恋心を思い出すこともあるでしょう。同窓会でお酒も進み、懐かしい思い出話に花を咲かせることでいつしか不倫の関係になってしまったというケースも少なくありません。

習い事

何かしら趣味を持とうと習い事を始めた主婦が、その場所で出会った生徒や講師と不倫関係になってしまったというケースもあります。平日の昼間に習い事の予定を入れておけば、夫は会社、子どもは学校に行っているため不倫相手との密会もやりやすくなります。

また、子どもの習い事がきっかけで保護者同士が不倫関係に陥るというケースも珍しくありません。子どもの送り迎え時に頻繁に顔を合わせて挨拶をすることで次第に距離が近くなり、お茶や食事の流れで不倫関係に発展してしまうこともあるようです。

主婦の不倫を見破るためのチェックリスト6つ

1. 服装やメイク、ダイエットなど、おしゃれに気をつかうようになった

普段からメイクをすることもなく、洋服も着やすさ重視であった妻が、急にファッションやメイクに気をつかいだしたという場合は要注意。もしかすると、「不倫相手にキレイと思われたい」という思いから、おしゃれに磨きをかけはじめた可能性があります。

さらに、これまでは続かなかったダイエットに本気を出しているという場合も注意しておきたいポイント。不倫相手に身体を見られることがあるため、ダイエットをしているのかもしれません。

2. 性生活について何も求めてこなくなった

「セックスレスについて何も言ってこなくなった」「夜に求められることがなくなった」このように、夫婦の性生活について何も求めてこなくなった場合も不倫を疑う余地はあります。家の外に欲を満たしてくれる相手がいるため、夫に対しては何も求めなくなったのかもしれません。

夫側から誘ってもあまり乗り気じゃない、断られることが多くなったという場合はさらに注意が必要です。

3. 子どもを預けて出かけることが多くなった

ママ友や妻の実家など、子どもを預けてどこかに出かける回数が増えたという場合も不倫を疑うポイントになります。不倫相手と密会をする際はもちろん子どもを連れて行くわけにもいきませんし、かといって一人で家に残しておくのは良心の呵責があるでしょう。

友だちと会うから、たまには一人でショッピングを楽しみたいから、など子どもを預けるための理由はいくらでもあります。出かける際に挙動不審になっていないか、後ろめたさを感じていなそうかなどをチェックしてみましょう。

4. いつも機嫌がいい

これまでは小言や文句が多かったのに対して、まるで心に余裕ができたかのように機嫌がよくなったという場合も不倫を疑うポイントです。

不倫相手が欲を満たしてくれ、寂しさを埋めてくれることで機嫌がよくなり、家族にもやさしく接することができているのかもしれません。

5. スマホを肌身離さず持ち歩くようになった

普段はスマホをあまり見ないのに、常に肌身離さず持ち歩くようになったという場合も要注意です。スマホで不倫相手と連絡を取り合っているために常に持ち歩いているのかもしれません。

とくに、トイレに行くとき、お風呂に入るときなどもスマホを持って行くようになったという場合はかなり怪しいと思っても良いでしょう。

6. 夫の予定を細かく把握したがるようになった

「今週は何曜日が遅くなるの?」「明日の帰宅時間は何時ごろ?」「昨日のお昼はどこにいたの?」など、急に夫の予定を詳細に把握したがるようになった場合も不倫を疑ってよいかもしれません。

自分の不倫相手との密会スケジュールを立てるため、夫の行動を把握しておきたいという可能性があります。

興信所を訪れる夫

近年では主婦の不倫を暴くために、男性が一人で興信所に訪れるというケースは増えています。自分の妻の行動が今回のチェックリストの中のものと似ているという場合は、不倫を疑っても良いかもしれません。その際はぜひアーガスリサーチにご相談ください。長年の実績と技術力で不倫の証拠や有無を明らかにします。無料相談もご用意しておりますのでまずはお気軽にお問合せください。