Instagram(インスタ)でなぜ身バレする?

興信所アーガスリサーチ

お見積もり相談無料・24時間対応
TEL:0120-132-417
menu

HOME > コラム一覧 > 調査員が語る > インスタ(Instagram)でなぜ身バレする?

なぜ Instagram で
身元がばれるのか

インスタで身バレする理由

Instagram

「Instagram(インスタ)」は画像や動画を投稿して共有できる人気無料アプリですが、インスタ映えという言葉が流行るほど、女性を中心にインスタにおしゃれなスイーツや珍しいものを投稿したり、リゾートホテルや高級ホテルでのセレブ生活をアップしたりする人が増えています。

いわゆるリア充をアピールしたいと自撮り写真を投稿する方も少なくありません。

しかし、自分はこんなに素敵な生活を送っている、自分はかわいい、おしゃれとアピールしたくなる気持ちはわかりますが、リア充アピールもほどほどに気を付けないといつの間にか身バレして、ストーカー被害にあったり、詐欺まがいの勧誘にあったりと面倒なトラブルに巻き込まれかねません。

なぜ投稿した画像からばれるのか

では、なぜインスタに写真を投稿しているだけで、身バレしてしまうのでしょうか。

顔写真は載せているけれど本名や連絡先などの個人情報は載せていないのに、いつの間にか住所を突き止められた、勤務先を知られたなんて恐ろしい経験をする方もいます。

子どもの顔にハートマークや星マークを付けていたのに、子どものママ友や知り合いからバレバレだよと指摘を受けて驚く人も少なくありません。

本人はプライバシーを守ってリア充自慢をしているつもりが、いつの間にか身バレしているのはなぜでしょうか。

なぜ、写真の中に映り込んだものや投稿時にアップしたわずかなコメントで身バレしてしまうのでしょうか。

情報化社会で画像から情報を掘り起こされる

ポイントは、写真の中に映り込んでいる背景や食べているもの、紹介しているお店の名前や写真を撮った場所などの情報に隠れています。

たとえば、いる場所や店名を伏せていたとしても、食べている料理などをアップするだけで、そのお店に行ったことがある人はすぐにピンときます。

また、珍しい料理やその料理の写真から、検索して、このお店かもしれないなどとネットで簡単にリサーチされてしまうことも少なくありません。

タピオカドリンクの写真を載せ「近くのオーガニックカフェでコーヒー味のタピオカドリンクを飲みました」とアップしたとしましょう。

これだけでどこにいるかなんてわからない、どのお店かはバレない、と思っていませんか?

ですが「オーガニックカフェ タピオカドリンク コーヒー」などのワードで検索すれば、そのお店がヒットしてしまう可能性があります。

しかも、そのお店のホームページや口コミサイトに同じ見た目のタピオカドリンクが掲載されていれば、お店が特定されてしまいます。

そして、あなたがその近くに住んでいることがわかってしまうという流れです。

「また、いつものカフェに来ました。」などリア充ぶりをアピールしていたら、いつの日か隣にストーカーが座っている場合やお金の余裕がありそうと跡をつけてくるスリや強盗などのターゲットになってしまうかもしれません。

職場の写真をアップしてしまう

自分の職場のあるおしゃれなビルで撮影した写真などをアップしたとしましょう。

「私の職場かっこいいです。」の一言だけで場所を明かさなかったとしても、同じビルで働いている人やそのビルを知っている人は写真を見ただけでピンときます。

ビルでエレベーターを待っていたら、知らない人に声をかけられる可能性もあるので気を付けなくてはなりません。

その人があなたのインスタを見ていて、あなたの行動パターンや私生活のセレブっぷりを知っていたらきっと気持ちが悪いでしょう。

投稿したコメントからばれる

この写真だけでは居場所や自分のプライベートはバレないと思っていても、ちょっとしたコメントが身バレを招いていることもあります。

「職場の近くのカフェで。」などと書きながら有名なレストランやカフェを紹介した場合や「また、●●に来ました。」と地域名や店名などを載せていれば、あなたの行動範囲や行動パターンもバレてしまいます。

このように自分では全く意識せずに自らのプライベートをばらしていることがあるので気を付けましょう。