興信所・探偵事務所の大手とは?|特徴やメリット・デメリット

興信所アーガスリサーチ

お見積もり相談無料・24時間対応
TEL:0120-132-417
menu

HOME > コラム一覧 > 興信所について > 興信所・探偵事務所の大手とは

興信所・探偵事務所大手

興信所・探偵事務所の大手とはどのようなものなのか

大企業イメージ

自分がお客さんで何かの契約をしたりする時「大手だから安心かな?」という心理は働くと思います。

探偵業界にも「大手」と呼ばれている探偵事務所・興信所が一部存在しています。

ここでは、大手と呼ばれる興信所・探偵事務所とは一体どのようなものなのか、大手に依頼する場合のメリット・デメリットなどについて書いてみたいと思います。

大手興信所・探偵事務所の特徴

そもそも「大手」とは…

同種の企業の中で、特に規模の大きい会社。

他社と比べて規模が大きい興信所・探偵事務所と言うことになります。

代表的な特徴

  • 従業員が数十人~100人程度いる(相談員も含む)
  • 全国規模で探偵業を展開しており、支店数が多い
  • 看板や電車内広告、メディア出演などお金のかかる宣伝をしている

大手と呼ばれる探偵の特徴を挙げると上記項目などがあります。

大手だと勘違いしてしまう例

  • 大手と自称しているだけである
  • フランチャイズ展開をしている
  • 実際には小規模な支店や存在していない支店が多い
  • メディア出演実績がある
  • ホームページが立派である

探偵業界では以前から自社を大手と見せかけるケースや、お客さんが大手だと勘違いするようなケースがたびたび見られます。

例えばホームページをお金をかけて綺麗に作り、メディア実績や提携弁護士・警察OBなどを掲載、小さな支店でも全国に満遍なくあるようにすれば大手探偵のように思えてしまいます。

また、フランチャイズは全国展開に見えてもそれぞれの事務所が独立して営業しているので全国に支社があるのとは少し異なります。

継続的な宣伝費用のかけ方・メディア出演回数などでおおよその見当をつけることはできますが、現状では数社程度しか大手は存在していないのが実情です。

大手興信所・探偵事務所に依頼するメリット・デメリット

メリット

  • 規模が大きいため安心に思える
  • 大がかりな調査が可能

大きい会社(大手)にはそれだけの質があると通常は考えるものですので、心理的に安心に思えるでしょう。

また、会社の規模が大きい分、多くの人員を使用した大がかりな調査を行う力があると考えられます。

デメリット

  • 料金が高額傾向にある
  • 実力の保証とはならない、トラブルがないわけではない

大手といわれる所以は支店の多さとそれに伴う従業員の多さ、事務所の立派さなどですが、そういった大手の体裁を保つにはそれだけの費用が必要となります。

調査に専属の人員を必要とする探偵業の性質上、より多くの資金を稼ぐには一つ一つの依頼料を高くする必要があるでしょう。

また、探偵業界において「大手だから安心」というのは心理的なものに過ぎず、本当にそうなのか?の十分な根拠があるわけではないと思います。

正直に言いまして「他社がどれくらい優れているのか」というのは実際に業界内での横のつながりがある範囲でしかわからず、守秘義務があるだけに他社の良い評判が広がりにくいというのがあります。

(※上手くいった仕事を一つ一つ他社や他人に言いふらすことなどできません。)

逆に悪い噂は割と回ってしまうもので、トラブルにあった依頼者の苦情が調査業協会などから業界内に広がるというケースがあります。

探偵業界に大手が少ない理由?

従業員を多く抱えて大手化すればそれだけ多くの依頼を受けることができますが、同時に依頼を受けられる数には限界があります。

さらに依頼が途切れてしまった時に従業員の多さが仇となるため、依頼を途切れさせないために継続的な巨額宣伝費用が必要、依頼者から調査料金を受け取ったらまた宣伝に費やす、という自転車操業状態に陥りやすいリスクがあります。

これはネットからの受件が主流となった現在の探偵業界ではかなりのリスクであると思われ、実際にここ数年で知名度があった探偵社がいくつか倒産しています。

自社の所属ではないフリーの探偵を用いることでリスクを軽減している興信所・探偵事務所が多いのが実情であり、当社としても探偵業自体が大規模で営業するにはあまり向いていない業種という考えです。

※以下のページもご参考ください。