LINE(ライン)から浮気調査

興信所アーガスリサーチ

お見積もり相談無料・24時間対応
TEL:0120-132-417
menu

HOME > コラム一覧 > 浮気調査・不倫調査について > LINEで浮気調査

LINEで浮気調査

浮気調査はおまかせください。興信所アーガスリサーチ

ライン

ある売れっ子タレントとアーティストが不倫をしていると暴いた週刊誌の報道はまだ記憶に新しいところですが、週刊誌による暴露でアーティストは結婚しており、浮気であることが分かってしまいました。

そこまでは芸能界ではよくある話ですが、その後の二人の取った行動が決定的にまずかったのは周知のとおりです。

男性アーティストは皮肉なことに自らのバンド名を取って文字通りのゲス男だとネット上では非難が集まりましたが、相手の女性もなんら気にしていないどころか、暴露してくれたことを感謝する発言を無料通話アプリである「LINE(ライン)」で相手に発信していたことが分かりました。

これによって、当初は女性側には同情的だった世間の見方は一変し、計算高い人物として猛バッシングされることになりました。

LINEでの浮気のやり取りが注目された最も有名な例と言えるかもしれません。

LINEからの簡単な浮気調査

①非表示の異性を見つける

他の人はそんなことはないのに特定の異性だけが非表示になっているということは、これは「浮気をしています」と言っているようなものです。

もしLINEで非表示にしている人物がいたら、その相手の名前を表示させることで浮気相手の特定ができます。

②削除されたトーク履歴の復元

LINEでは基本的には削除されたトーク履歴は読むことはできなくなるものの、クラウドにバックアップがある場合は復元やアプリを使用する等の方法で削除されたトーク履歴を見ることもできます。

最近やけにLINEに夢中になっている様子から「浮気しているのでは?」と疑われる場合には、削除されたやり取りを復元できる方法やアプリがあることを知っていると一つの手段として使うこともできます。

③LINEをアプリで監視

さらに、LINEのトーク履歴をリアルタイムで転送したり、データを抽出して保存できるアプリやソフトが存在します。

これは表向きインストールされているように見えず気づかれにくいため、実際にLINE監視に使用されている例もそれなりにあるようです。

ただ、他人のLINEにログインしたり、他人へのアプリ無断インストールはたとえ結婚相手であったとしても犯罪行為である「不正アクセス禁止法違反」や「不正指令電磁的記録に関する罪」の対象となります。

(不正アクセス行為の禁止)
第三条 何人も、不正アクセス行為をしてはならない。

(他人の識別符号を不正に取得する行為の禁止)
第四条 何人も、不正アクセス行為(第二条第四項第一号に該当するものに限る。第六条及び第十二条第二号において同じ。)の用に供する目的で、アクセス制御機能に係る他人の識別符号を取得してはならない。

(不正指令電磁的記録作成等)
第168条の2
一 正当な理由がないのに、人の電子計算機における実行の用に供する目的で、次に掲げる電磁的記録その他の記録を作成し、又は提供した者は、三年以下の懲役又は五十万円以下の罰金に処する。
1.人が電子計算機を使用するに際してその意図に沿うべき動作をさせず、又はその意図に反する動作をさせるべき不正な指令を与える電磁的記録
2.前号に掲げるもののほか、同号の不正な指令を記述した電磁的記録その他の記録
二 正当な理由がないのに、前項第一号に掲げる電磁的記録を人の電子計算機における実行の用に供した者も、同項と同様とする。
三 前項の罪の未遂は、罰する。

こういった方法は極力使わずに済ませるよう考えておくのがベストです。

LINEのやり取りから浮気相手かどうかを調べる方法

非表示にしている異性が見つかった場合、本人を装ってLINEでメッセージを送り、相手の反応を見て浮気をしているかどうかを探るという方法があります。

例えば「今、仕事終わったよ」といったメッセージを送ったところ、「お疲れ様」といった軽い返事だけであれば、浮気相手と断定することは難しいでしょう。

けれど、まだ早い時間に送ることによって相手が「これから会おうよ」と言ってきたとしたら、浮気相手の可能性が大です。

そこで「じゃあ会おうか、どこで会う?」といったメッセージを送って、「いつものところで」といった返事が返ってきたとしたら、これはもう浮気相手としてビンゴといって良いでしょう。

これは削除されたトーク履歴を復活させる方法よりもやり方だけなら簡単です。

但し不正アクセスをしていることには変わりはありませんし、相手にバレたり後で問題にならないようやり取りを必ず削除しておく必要があります。

また、浮気をしていることを確信したとしても、これだけでは法的な証拠にはならないため問い詰めたりするのは危険です。

このようなリスクは極力冒さずに慎重に行動し、当社のような浮気調査のプロへのご相談をお考え下さい。

関連項目

※浮気相手の携帯番号が分かる場合は身元を割り出すこともできます。