浮気をやめさせるための誓約書の正しい書き方とは?

興信所アーガスリサーチ

お見積もり相談無料・24時間対応
TEL:0120-132-417
menu

HOME > コラム一覧 > 浮気・不倫に関する法律 > 浮気の誓約書の書き方

浮気の誓約書の書き方

浮気調査はおまかせください。興信所アーガスリサーチ

誓約書

配偶者や恋人に「浮気をやめさせたい!」と思っている方も多いのではないでしょうか?

しかし、相手を問い詰めたり話し合いを重ねてもただの口約束になってしまい、何度も裏切られてしまっているという方も少なくありません。

もっと効果的に浮気・不倫相手との関係を解消させるには「誓約書」という書面での約束を交わすという方法があります。

この誓約書を適切な形で取得することで浮気関係を解消させることができるのはもちろんのこと、万が一のトラブルの際にも法的手段で対応することができるので安心です。

誓約書には適切な書き方がありますので事前に確認してみましょう。

誓約書の作成目的

まず、誓約書を作成する目的は、二度と同じような精神的な苦痛を追うことがないよう、パートナーや不倫相手に裏切り行為をさせず心理的な抑制を与えることです。

書面で条件や約束を交わしておくことで万が一の際も被害者側からハッキリと主張することができます。

浮気の被害に遭ってしまったのにもかかわらず、パートナーや不倫相手にうまく言い逃れをされてしまい辛い経験をした被害者もいます。

このようなトラブルに見舞われてしまうことがないように書面を作成しておくことは欠かせません。

法的な証拠としてもしもの際にも活用することができ、被害者が泣き寝入りしてしまうことを阻止することもできます。

今後同じようにパートナーに裏切られて傷つくことがないように納得できる形で書面を作成してください。

誓約書の正しい書き方

内容を具体的に書く

パートナーと不倫相手の関係を確実に解消させるために、まずは事実確認を行うことが大切です。

不貞行為を持ったという事実を掴み、その事実を書面で記載することでパートナーも不倫相手も言い逃れをすることはできません。

記載する際には、不貞行為をした期間や今後一切関係を持たないなど、関係を解消することを約束してもらうことも重要なポイントです。

また、今後二度と二人で会うことがないように個人的に連絡をしないといった条件や約束事も記載しておく必要があるでしょう。

さらに浮気によって被害者側が慰謝料を請求する際には、その条件も明確にしておくことが求められます。

例えば、慰謝料の金額だけでなく期間など支払いに関する詳しい内容を記載することで、後々思わぬトラブルに見舞われてしまうリスクを軽減することができるでしょう。

万が一、浮気をした場合には、パートナーにも不倫相手にも何らかのペナルティーを課すことを条件にしても構いません。

公正証書にする

「公正証書」とは、裁判の確定判決と同等の法的効力を持つ文書のことです。

例えば、執行認諾文言というものを記載することにより、裁判を行わなくても財産差押を実行したりすることができます。

つまり誓約書の内容について争いが起こり裁判になるような事態を未然に防ぐことができるということです。

この公正証書は全国にある公証役場で作成することができます。

書き方に困ったらプロに相談

浮気の被害に今後遭わないために誓約書でさまざまな条件や約束を交わし、相手に心理的な抑制効果を与えることで問題解決にもつながります。

誓約書は法的な証拠とすることもできますが、適切に作成しなければまったく意味のないものになってしまう可能性があります。

もし不安なら誓約書を作成する際に弁護士などのプロに相談されたほうがよろしいでしょう。

書き方だけでなく注意点に関しても専門的な知識を持ち合わせているので、確実な書面を作成することができます。

ネットで探せば誓約書のサンプルがあるので、誰でも簡単に作成することができそうに思う方も多いかもしれません。

しかし、不倫相手に書かせる場合や夫婦間で書面を交わす場合では、書き方には大きな違いがあります。

夫婦間で書面を交わす際には、ただ条件や約束事を記載するだけでなく離婚の約束や慰謝料の請求、財産分与などさまざまな取り決めを行っておくことも必要です。