探偵を名乗る詐欺・架空請求・電話・迷惑メール|信頼の興信所アーガスリサーチ 東京都公安委員会 探偵業届出済(第30070158号)

興信所アーガスリサーチ

お見積もり相談無料・24時間対応
TEL:0120-132-417
menu

HOME > コラム一覧 > 調査員が語る > 探偵を騙る詐欺・架空請求・迷惑メール等

探偵を騙る詐欺

探偵を名乗る詐欺・架空請求・電話・迷惑メール等について

探偵イメージ

「探偵業者」を名乗る詐欺

  • ①「あなたの身辺調査で不利益な事実が見つかった」
  • ②「アダルトサイト登録料を払わなければ身辺調査をする」
  • ③「あなたが投資詐欺被害に遭ったお金を回収する」

これらはそれぞれ①振り込め詐欺、②ワンクリック・架空請求詐欺、③債権回収詐欺の手口です。

いずれも「探偵」や「探偵事務所」を名乗り、上記のような文言でメール・はがき等を送り付けたり、電話営業をしたりしていました。

正規の探偵は管轄の警察に届出を出しているため、警察に対して身元が明らかになっています。

そんな探偵業者が不特定多数の人物に対して詐欺や架空請求をしたり、迷惑メールを送り付けたりすれば、どうなると思いますか?

探偵業法に基づく行政処分|警視庁

探偵業者は探偵業法違反や犯罪を犯すと行政処分を受け、警察のWEBサイトに公開されます。

こういった状況を知っていただければ、探偵が架空請求や詐欺をすることがどれだけ馬鹿げていることかおわかりいただけるでしょう。

「探偵」「探偵事務所」「興信所」を名乗る電話

探偵や興信所を名乗り「詐欺被害に遭ったお金を回収する」等の電話をいきなりかけてきて、その言葉を信じた方を二次被害詐欺に遭わせる手口があるようです。

通常の探偵が連絡を取るのは依頼を受けた依頼者だけであり、依頼者ではない方に突如電話をかけて営業するということはありません。

また、面識のない詐欺被害者の方の連絡先を知るはずもありません。

詐欺グループの被害に遭った方はリストが出回っており、自ずと電話をかけているのはそのリストを所持している詐欺業者ということになります。

もし突然電話をかけてきて探偵を名乗る人物がいたら無視してください。

「アーガスリサーチ」を騙る架空請求・迷惑メール

架空請求詐欺ではさまざまな名称が詐欺業者に使用されており、弁護士事務所、裁判所、警察、「ヤフー」「アマゾン」等大手企業なども使われています。

探偵業者も実在から架空の名称までいろいろと使われたようですが、当社に似た名称「株式会社アーガスリサーチ」を使用し、アダルトサイト登録料などを払わせるワンクリック詐欺・架空請求の例も見られます。

そのためグーグル検索候補に「アーガスリサーチ 迷惑メール」「アーガスリサーチ 松村」などと出てしまっている状況です。

もっと良いイメージの検索候補を出してくれればありがたいのですが、これでは謂れのない風評被害を受けているようなものです。

ちなみに「松村」とは架空請求業者が名乗った名であり、もちろん当社には後にも先にも一人も在籍しておりません。

架空請求詐欺業者の情報に惑わされないよう、ご注意をお願い致します。

「身辺調査」について

ある人からの調査依頼を受け身辺調査をしたところ、あなたの不利益になることがいくつか判明した。

依頼人にあなたの不利益なことを知られたくないなら、身辺調査請負料30万円に20万円をプラスした50万円を現金書留で送金しろ。

送金がなければ、全て依頼人に報告する。

上記は振り込め詐欺に使われていた文言の内容です。

冷静に考えれば、依頼人が誰なのか、不利益な内容が何なのかがわからなければ、本当に自分に不利益なことなのかどうかわからないですよね。

こんな貧弱な材料で脅すのもどうかと思いますが、そもそも探偵には探偵業法による守秘義務があり、依頼者の情報や受けた調査の内容・資料等を外部に漏洩させてはならないことになっています。

(秘密の保持等)
第十条 探偵業者の業務に従事する者は、正当な理由がなく、その業務上知り得た人の秘密を漏らしてはならない。探偵業者の業務に従事する者でなくなった後においても、同様とする。

2 探偵業者は、探偵業務に関して作成し、又は取得した文書、写真その他の資料(電磁的記録(電子的方式、磁気的方式その他人の知覚によっては認識することができない方式で作られた記録をいう。)を含む。)について、その不正又は不当な利用を防止するため必要な措置をとらなければならない。

このように対象者に調査していることを告げることはあり得ませんし、内容も完全に恐喝ですので真っ当な探偵なら絶対にこのようなことは行いません。

※実際の身辺調査についてはこちらをご参考下さい。

※探偵については以下のページもご参考ください。