興信所の浮気調査って?費用や調査内容について

興信所アーガスリサーチ

お見積もり相談無料・24時間対応
TEL:0120-132-417
menu

HOME > コラム一覧 > 調査員が語る > 興信所の浮気調査って?費用や調査内容について

浮気調査って?
費用や調査内容について

「配偶者や恋人の行動が何だか怪しい」「もしかして浮気をしている?」と疑いを持ったとき、あなたならどうしますか?

浮気を立証するには、浮気が疑わしい配偶者・恋人の行動を把握し、浮気の証拠を掴む「浮気調査」をおこなう必要があります。

浮気調査を自分でおこなおうと考える方もいらっしゃいますが、実際にはなかなか難しいのが実状です。そのため多くの方が興信所に依頼し、浮気調査をおこなっています。

ここでは興信所が実施する浮気調査とはいったいどのようなものなのか、利用者や利用ケース、料金プランの種類などについて詳しくご紹介いたします。

浮気にお悩みで探偵に依頼しようか検討している方は、ぜひご参考にご一読ください。

男性

浮気調査とは

浮気調査とは、浮気(不倫・不貞行為)があった事実を確認し、浮気がおこなわれた証拠を獲得するためにおこなう調査のことを指します。

浮気を疑ったときまずおこなうべきなのが「浮気の有無の確認」、そして「浮気の証拠を集めること」です。

浮気の証拠とは「肉体関係があったとわかる証拠」のことを指します。

この証拠は裁判や交渉などで浮気を立証するために必ず必要になります。

証拠が不十分なまま浮気を訴えても、浮気の事実が認められなければ不貞行為は成立しません。

また、決定的な証拠を押さえないと「ただ食事をしていた」「飲み会帰りに介抱をしていた」と言い逃れられてしまうおそれもあるでしょう。言い逃れを防ぐには「第三者から見ても浮気の事実があった」と考えられる証拠を集める必要があります。

浮気イメージ

とはいえ、自分で浮気調査をするのは時間と根気が必要ですし、調査していることがバレてしまうリスクを伴います。

自分では抑えているつもりでも、感情的になって深追いしてしまうことも珍しくありません。バレてしまえば相手が警戒して証拠が掴みにくくなったり、さらに状況が悪化してしまったりする可能性もあります。

そのうえ、浮気を疑って精神的に消耗している中で、自ら浮気現場の写真(証拠)を押さえるため行動するのはかなり苦痛が伴います。

こうした事情もあり、世間では浮気調査を興信所に任せる方が多くいらっしゃいます。

興信所では専門知識と技術・経験を併せ持つ探偵が、依頼者の代わりに「尾行」「張り込み」などの方法で浮気調査をおこないます。

調査の中で浮気の立証に不可欠な音声、動画、写真といった証拠をしっかりと集めていき、依頼者の希望通りに事が進むよう尽力します。

相手に気付かれないよう尾行、張り込みをおこなうのは思いのほか難しいものです。

興信所の浮気調査は経験と技術を駆使しながら、細心の注意を払って実行されます。それに加えて「調査対象者に顔が割れていない」というのも大きな利点となります。

こうした理由から、自ら調査をするよりも調査対象者にバレるリスクが少ないといえるでしょう。

「配偶者や恋人にバレることなく、確実に浮気の証拠を掴みたい」という方や、「仕事や育児などがあり、自分で尾行や張り込みなどをするのが難しい」という方は、興信所に依頼をして浮気調査してもらうことをおすすめします。

興信所ではどのような浮気調査がおこなわれるの?

調査報告のイメージ

興信所の浮気調査では、有力な証拠を掴むために次のような方法で調査をおこないます。

尾行調査

数人の調査員が協力して調査対象者を追跡し、「浮気相手とどこへ行き、どのような行動をするか」を調査するのが尾行調査です。尾行調査をもとに作成される調査報告書は裁判などでも有効な証拠として認められます。

また、調査対象者がいつ・どこで・何をしていたかといった行動パターンを明確に知ることができるので、次の一手を決定する際にも役立つでしょう。

浮気の証拠として写真は特に有効ですが、興信所に依頼すれば望遠レンズ等の専門道具を用いてしっかりと撮影してもらえます。自分で尾行するよりもリスクを抑えられるため、浮気バレを回避しながら調査を進められます。

張り込み調査

浮気の証拠集めでは「調査対象者が浮気相手と複数回、長時間同じ場所にいるか」という点も重要になります。

調査対象者がホテルや浮気相手の家などに入った際、再び出てくるまで待機する調査方法が張り込み調査です。

どのぐらいの時間一緒にいたのかを記録し、不貞行為の証拠を掴むためには、辛抱強く待ち続ける必要があります。時には数日間にわたって張り込みをおこなうことも珍しくないため、素人にはなかなかハードルの高い調査方法だといえるでしょう。

興信所の調査では浮気の証拠を押さえるべく、周囲に不審がられないよう配慮をしながら張り込みをおこないます。長時間の張り込みで不審者と思われないようなテクニックは、浮気調査のプロだからこそできる技です。

張り込みで抑えた証拠は不貞の重要な証拠となることも多いでしょう。

聞き込み調査

興信所の調査員が調査対象者の関係者に話を聞いて情報収集をする調査が、聞き込み調査です。対面のほか、メールや電話などのツールを用いて情報を引き出していきます。ただし浮気調査では、周囲に聞き込みをすることで調査対象者にバレてしまうリスクが高まるため、あくまでも尾行調査が中心です。

ラブホテルで浮気

興信所に浮気調査を依頼する5つのメリット

浮気調査には自力でおこなう方法と、興信所に依頼をする方法があります。しかし、リスクを避けながら確実に証拠を掴みたい方は、興信所に依頼することも検討してみましょう。

本項では、興信所に浮気調査を依頼するメリットをご紹介します。

(1)相手にバレることなく証拠が得られる

興信所に浮気調査を依頼すると、相手にバレることなく証拠が得られるのは大きなメリットです。

浮気調査でもっとも避けるべきなのが、浮気をしている配偶者や恋人、浮気相手に「調査をしていること」がバレてしまうことです。

浮気中の2人は浮かれていて隙が多く、証拠も掴みやすいもの。しかし、もし調査をしていることが一度バレてしまえば、用心深くなって証拠を掴みにくくなってしまうでしょう。特に尾行や張り込みなどは、経験とテクニックがないと成功しにくいものです。

また、調査中に証拠もないのに相手を追い詰めてしまった場合、より深刻な事態に発展することも。

関係の再構築を望んでいた場合は、再構築そのものが厳しい状況になります。

興信所の調査員なら、対象者に顔が割れていないので、相手に気付かれないまま調査を進めやすくなります。

尾行や張り込みなども不自然にならないような形で遂行してくれますので、より確実な証拠を得られるでしょう。

(2)プロによる写真撮影で確実な証拠が入手できる

浮気を証明するには「浮気相手との不貞行為があったとみられる写真や動画」が必要です。しかし写真が不鮮明だと、浮気をしている証拠として認められないことも。

特に、暗い場所や遠い位置にいる2人を鮮明に撮影するのは、よほどカメラの腕が優れていない限り難しいでしょう。

また、撮影の日付が入っていない写真は、浮気の証拠として有効だとみなされにくくなります。自分だけで調査をしようとすると、日付を入れずに撮影してしまうなどのミスが起きかねません。

興信所では望遠レンズや専用機材などを使用し、技術を駆使して浮気の証拠をカメラにおさめます。

プロの撮影技術があるからこそ、夜のラブホテルの出入り口などの暗い場所であっても、姿がはっきりと認識できる写真・動画を撮れるのです。当然ながら写真や動画には日付も記録します。

動画の場合も映像・音声共に鮮明な状態で記録してもらえます。興信所に依頼するほうが、自分で撮影するよりもはるかに有力な証拠が得られるでしょう。

(3)万が一相手がシロだった場合の安心材料になる

配偶者や恋人の浮気を疑って調査すると、時には「誤解だった」というケースもあります。

とはいえ、もし自分で調査をして有力な情報がつかめなかった場合、ますます疑心暗鬼になってしまうことも。

疑いをはっきりさせるには、明確にシロ・クロが判別できる証拠が必要です。

興信所はプロのテクニックを使い、調査対象者の挙動をていねいに追跡します。

特定の人と定期的に会っていない、不貞現場の証拠が出ない……となれば、浮気はしていないという証明になります。プロの調査結果でシロと分かれば、心から安心できるでしょう。

白黒はっきりさせたい方こそ、プロにお任せして細かく調査をするべきだといえます。

(4)調査報告書として証拠をまとめてくれる

興信所が浮気調査に成功した際には「調査報告書」にまとめてもらえます。この調査報告書には、デートの開始時刻から不貞行為がおこなわれるまでの一部始終が時系列にまとめられています。調査員が動画を撮影した場合は、調査報告書と合わせて動画データを受け取ることも可能です。

こうした調査報告書は素人ではなかなか作成するのが難しいうえ、作成時に感情的になってしまい辛い思いをする方も多いもの。第三者目線で客観的に調査結果をまとめてもらえるのは、大きなメリットです。

(5)離婚裁判に有利な証拠をゲットできる

興信所が作成した調査報告書は日付や浮気現場の決定的な写真などが掲載されているため、信ぴょう性が高く証拠能力が特に強いです。この調査報告書の有無によって、裁判や離婚調停を有利に運べるかどうかが変わります。

プロの要塞んなら、裁判や交渉を想定しながら浮気の証拠集めをおこなってくれます。

より確実に慰謝料を請求したい、離婚を成立させたいという場合は、興信所に依頼するのが得策でしょう。

調査

どのような人が浮気調査を利用しているの?

興信所の浮気調査を利用する方は年々増えつつあります。実際のところ、どのような方が浮気調査を利用しているのでしょうか?

配偶者の不倫を疑っている

興信所への依頼の中でも、配偶者の不倫を疑って依頼をするというケースはかなり多いものです。

配偶者と共に毎日生活をしていると、「行動」「見た目」「態度」の変化が目につきやすくなります。

例えば「いつもは仕事が終わるとまっすぐ帰ってくるのに、最近飲み会と称して夜遅く帰ってくるようになった」「スマホをこそこそチェックしている」「タンスの中に派手な下着が増えた」など、浮気の兆候とみられる要素を感じ取ったときに怪しいと疑い始めます。

そこから配偶者のLINE履歴や通話履歴、自家用車の車内などから浮気の痕跡を見つけ、興信所に依頼をする……という方も多いのです。

その他には「配偶者が同窓会に行って帰ってきてから態度が冷たくなった」「夜の夫婦生活を拒まれるようになった」などの理由から、浮気調査を依頼する方もおられます。

浮気は同窓会や飲み会、習い事や趣味といった「何かの出来事」をきっかけにスタートすることが多いためです。

恋人や婚約者の行動がおかしい

「お付き合いしている恋人が急に冷たくなり、よそよそしくなった」

「デートで席を外したとき、隠れて誰かに連絡をしている」

こうした恋人の行動に不信感を抱き、興信所へ調査依頼をする方は多数いらっしゃいます。

また、最近では「恋人のSNSの裏アカウントを見つけたら、自分以外の人と性的なやり取りをしていた」なども利用動機として多いでしょう。

婚約者の浮気調査では「結婚の約束をしようとしても、理由をつけて先延ばしにする」「結婚式や親へのあいさつを渋る」などの行動が見られた場合に依頼するケースがよくあります。

結婚は人生のビッグイベントであり、重要なものです。浮気をそのままにしていると婚約破棄という事態にもなりかねません。そのため「籍を入れる前に白黒はっきりさせたい」という方が興信所の浮気調査を利用されることが多いのです。

配偶者の金銭感覚がおかしくなった

配偶者の金銭感覚が以前と変わったことをきっかけに調査を依頼する方も多いです。

急にクレジットカードの引き落とし額が増えたり、何に使っているか分からない支出が見られたりする場合は、浮気相手とのデートで浪費している可能性があります。

また、クレジットカードの明細を見せてくれない、飲み会があるからと言ってお金を要求してくるようになった、などの兆候から、浮気調査をお願いする方もいます。

こうしたケースでは「WEBなどでクレジットカードの利用明細をチェックすると、ラブホテルの利用料金や飲食代などが含まれていた……」ということが多々あります。

婚約者、配偶者から突然別れを切り出された

「今まで問題なく生活を送っていたはずなのに、婚約者(配偶者)から突然別れを切り出された」として、浮気調査を依頼する方も一定数いらっしゃいます。

何も心当たりがないのにパートナーから突然別れを言い出された場合、新たな恋人ができて熱を入れ上げているケースが多いものです。

突然の別れは恋人同士であればよくあることかもしれません。しかし、婚約者や配偶者では別れの重みがかなり変わってきます。話し合いもないまま一方的に別れ・離婚を切り出す前には、態度がよそよそしくなったり、性交渉を断られたりといった兆候が見えることもあります。

別れを切り出されるとなると心も穏やかではありませんが、相手が別れを告げた原因に“浮気の有無”があったのかをはっきりさせることはとても重要です。興信所に依頼をし、浮気の事実をしっかりと掴むことで、慰謝料請求なども可能になります。

男性

自分一人での浮気調査は難しい…5つのデメリット

「パートナーが浮気をしているかも?」と疑惑を向けたとき、自分で浮気調査をしようとする方もいらっしゃいます。しかしながら、自分ひとりで浮気調査をするのには多くのデメリットが伴います。

(1)対象者にバレる心配がある

自分ひとりで浮気調査をおこなうと、どうしても対象者にバレやすくなります。証拠集めのために聞き込みや尾行などをおこなったとしても、思ったように情報が集められないどころか、顔や素性を知られている分バレてしまう確率が高いのです。

もし調査をしていることがバレてしまった場合、警戒されて余計に証拠がつかみにくくなってしまいます。

(2)一人での尾行は周りに怪しまれやすい

自分ひとりでの尾行中は、周囲の人から不審者に間違われやすいというデメリットもあります。ずっと同じ人物が特定の人物を追いかけると目立ちますし、最悪の場合第三者からの通報などに発展する恐れも。

興信所の調査では調査員2~3人1組で交代しながら尾行をすることが多いのですが、これは追跡対象者に「同じ人が付いてきている」と気取られないようにするためです。

(3)確実な証拠を得るのが難しい

自分で苦労しながら浮気調査をして証拠を手に入れても、その証拠が浮気を決定付けられるものでなければ有効とはいえません。例えば2人が並んでたたずんでいる写真や、ただ会話をしているだけのLINEログなどは「肉体関係を証明するもの」とはいえません。

また、ラブホテルや浮気相手の自宅に出入りする写真であっても、顔がはっきりとわからないもの、日付の入っていないものは浮気の証拠にならないのです。

(4)かえって高額なお金がかかるケースも

浮気調査は「浮気相手と継続的に不貞行為があること」を証明する必要があるため、数週間~数か月単位で時間をかけて証拠を集めることも多いもの。調査が長引けば長引くほど交通費やガソリン代、宿泊費などの費用がかかってしまい、結果的にかなりの金額を費やしてしまった……というケースも少なくありません。

自分で調査をおこなうとなると、当然費用はすべて自分持ちになります。浮気を証明できる証拠がつかめればまだよいですが、充分な証拠が得られない場合、経済的負担と徒労感が残ってしまうでしょう。

(5)相手が車などで移動する場合の対処が難しい

相手の移動手段が電車などの公共交通機関であれば尾行もしやすいですが、車で移動する場合は対処が難しくなります。自家用車で追跡をするとなると、よく見知った車ということもありバレやすくなります。特に信号待ちの間や高速道路の合流地点、人気の少ない細い路地などでは調査がバレてしまうリスクも増大するでしょう。

自家用車をタクシーに変更したとしても、同じ車が付いてくるのは不審に思われる可能性があります。

また、最近はドライブレコーダーが搭載されている車も多くなっています。調査対象者の車や浮気相手の車にドライブレコーダーがついていれば、その映像から調査していることがバレてしまう場合も。

調査バレの可能性が高まるうえ、車移動の場合は移動ルートが複数あり、尾行対象を見失ってしまうことが多々あります。配偶者や婚約者、恋人が車をよく利用する場合は、自分での調査はリスクが高いといえます。

料金計算

浮気調査の一般的な料金プランとは

浮気調査を依頼する場合、料金プランは興信所によって異なっています。

料金プランは、大きく「時間制プラン」「パックプラン」「成功報酬型」の3つに分けられ、それぞれ異なるメリットがあるのです。それぞれの特徴を順に見ていきましょう。

時間制プラン

時間制プランは調査にかかった時間数に応じて料金を支払う方式です。

時間制プランを採用している探偵事務所では、基本料金に「時間料金×調査に要した時間数×調査員の人数」を加えた額でトータルの料金が決まります。調査にあたる探偵は2名(多い場合は3名)が一般的です。

また、自動車やバイク、自転車などで追跡が必要になる場合の車両費や、交通費、燃料費、宿泊費なども実費として請求されます。

時間制プランのメリットは、料金体系が明瞭でわかりやすいという点です。また、浮気調査が短時間で終わった場合は結果的にリーズナブルというのも利点でしょう。

浮気をおこなう場所や日時が把握できている場合など、短時間で調査ができそうな状況であれば時間制プランがおすすめです。

パックプラン

パックプランは、浮気調査にかける時間や費用が「パック料金」として設定されている料金制度です。プラン内容は興信所によって異なりますが「3日間で20万円」など、数十時間・数日間単位で料金を設けているケースが多いでしょう。

パックプランは割安に設定されていることが多く、初めて興信所に依頼するという方も気軽に利用しやすいのがメリットです。また「浮気の確証がないが、行動から証拠を掴んでほしい」という方にも向いているでしょう。

ただし短期間で調査が終了した場合は、かえって割高になることも。また、調査対象者が用心深く、設定された時間内で調査が終わらなかった……というリスクもはらんでいることに注意が必要です。

成功報酬型プラン

成功報酬型プランは事前に着手金を支払ったあと、調査が成功した場合に報酬を支払うシステムです。調査が成功しなければ報酬は支払わなくてよいので良心的なシステムともいえますが、依頼者と興信所の間で「何をもって成功とするか」がきちんと共有できていないと、金銭トラブルに発展することも。

こうしたトラブルを防ぐには、両者間で報酬を支払う条件(調査成功の判断基準)をしっかりと取り決めておく必要があります。

浮気調査の費用を抑えるポイントは?

浮気調査は、短期間で終われば比較的低額で済むことが多いです。その一方で、「調査が長引けば長引くほど、費用がかさみやすい」という特徴もあります。浮気の証拠がゼロの状態から調査をスタートすると、調査にかかる時間・費用はどんどんアップしてしまうでしょう。

できるだけ費用を安く抑えたい……と考えるなら、次のポイントを押さえて依頼をしましょう。

(1)相手の情報をなるべく細かく伝える

興信所に調査依頼をする際は、浮気をした調査対象者の情報だけでなく、浮気相手の情報を伝えることも重要です。

浮気相手の外見や名前、住所、年齢、会社などの情報をつかんでいる場合は細かく伝えましょう。

特定しなければいけない情報があらかじめ分かっていれば、調査期間が短くなるため利用料金も抑えられます。

限られた予算の範囲内で依頼をおこなう場合、事前情報が多いほど浮気行動の調査にたっぷりと時間を割けるようになります。自分で集められる範囲で、なるべくたくさんの情報を収集しておくとよいでしょう。

(2)すでに何かしらの証拠を押さえている場合は興信所と共有する

調査対象者と浮気相手の浮気を決定づける写真や動画や、肉体関係があったことを示すやりとり(LINEやメール、SNSのDMなど)などの証拠を押さえている場合は、興信所に共有しましょう。

浮気を立証するには確実性のある証拠を多くそろえることが重要です。自分で獲得した証拠を興信所と共有すれば、密会場所などのさらなる証拠を掴む糸口になるかもしれません。クレジットの明細やレシートなどから行動パターンを読める場合もありますので、証拠を見つけたらどんどん共有するようにしましょう。

(3)密会場所や密会時刻の見当や目星をつけておく

浮気相手との密会場所や密会時刻の見当がついていれば、事前に伝えておきましょう。

尾行や張り込みなどで決定的な証拠を押さえやすくなりますし、行動パターンに合わせてピンポイントで依頼がしやすいため、結果として費用を抑えられます。

「毎週末、特定の店で飲み会をしている」「休日の〇時~〇時まで不在にしていることが多い」など、行動パターンを把握しておくのも大切です。大体の行動範囲や浮気していると思しき時間帯が分かれば、密会場所・時刻を推測しやすくなります。

パートナーの浮気を疑ったら、行動や発言の記録をノートに書いておくと役に立ちます。

契約イメージ

成功報酬は後払いが安心!

興信所に依頼する際は、まとまった金額を支払う必要があります。そのため契約に対して不安を抱く方も少なくないでしょう。

費用をなるべく抑えるには「何をすれば決定的な証拠を得られるか」を考えて、興信所および調査プランを選ぶことが大切です。加えて、後払い方式を採用している興信所を選ぶようにするのもポイントです。

調査対象者の素行調査や浮気の証拠取りなどでは、尾行調査をおこなうことも多いもの。尾行や張り込みの日数が伸びるほど料金もかかりますが、後払いを採用している探偵なら、あとから追加料金がかかることもありません。

前払い方式の興信所もありますが「たとえ成果が得られなかったとしても、先に多額の料金を支払わなければならない」というリスクがあります。また、調査期間が延長すれば、それに伴う実費や追加料金などもプラスされてしまいます。

成功報酬は後払い式のほうがトータルの金額を把握しやすく、安心です。事前にどのような料金がかかるのか、料金体系をしっかりと説明してくれる興信所を選ぶようにしましょう。

興信所の料金プランを賢く選ぼう

浮気調査の料金プランは興信所によって異なります。調査費用を少しでも抑えるには、今現在の状況に応じた料金体系の事務所を選ぶことが重要です。

証拠をある程度掴んでいて、相手の逢瀬がおこなわれる場所・時間についても知っている場合は、比較的短時間で証拠集めが可能でしょう。このような状況なら、時間制プランを選べばリーズナブルに利用できます。

料金システムが時間制の場合は「手元にどのぐらいの証拠があるのか」「相手の行動パターンをしっかり把握しているのか」といった要素によってトータルの費用が変化します。

興信所に依頼した調査費用は慰謝料で回収可能?

興信所に依頼して調査してもらい、確実に浮気が立証できる証拠が得られれば、慰謝料を請求することができます。慰謝料の相場は数十万円から500万円ぐらいまでと幅広いですが、興信所の調査費用の相場は10万円~100万円程度であることが多いため、慰謝料で十分カバーできる範囲だといえるでしょう。

また、慰謝料以外では、調査費用そのものを請求することもできます。

示談交渉の場合は調査費用全額の請求も可能です。裁判では費用の一部のみが認められる傾向にあります。そのため、慰謝料請求の際に調査費用を含めた金額を提示・請求するケースも多いです。

どちらのケースであっても浮気の決定的な証拠の有無が結果を左右するのは言うまでもありません。言い逃れができない証拠を掴むためには、興信所の協力が必要不可欠だといえるでしょう。

まとめ

浮気をされたことがわかったとき、不安やショック、怒り、悲しみなどさまざまな感情にさいなまれます。

特に、長年連れ添った配偶者や、結婚を約束した婚約者などからの裏切り行為は、到底許せるものではありません。

しかし自分で調査をおこなうのは時間や費用の制約もありますし、精神的・体力的にも相当きついと感じるでしょう。また、どこまで踏み込んでよいかわからないまま調査を続けた結果、調査がバレてしまうことも少なくありません。そうなれば、さらに問題が泥沼化してしまうという危険性があります。

興信所では依頼者様の気持ちに寄り添いながら、調査を進めます。尾行や写真撮影などの専門技術を習得したプロです。プロに依頼をすれば、尾行に失敗してバレたり、証拠を逃してしまったりするリスクを回避できます。

また、興信所が調査を代わりにおこなうため、調査にかかわる時間や労力なども消費せずに済むでしょう。

興信所の浮気調査では、調査終了時に対象者たちの行動を写真付き報告書としてお渡しします。この調査報告書は示談交渉や裁判で有利になるよう作成されているため、離婚するにしろ、浮気相手に慰謝料を請求して再構築をするにしろ、自分の希望通りに事が進む可能性が高まるのです。

「確実に浮気の証拠を掴みたい」「浮気を疑っているが、どうすればいいのかアドバイスが欲しい」という方は、興信所へ一度相談されることをおすすめします。