興信所の浮気調査はどんな方法でおこなわれる?その手順をご紹介!

興信所アーガスリサーチ

お見積もり相談無料・24時間対応
TEL:0120-132-417
menu

HOME > コラム一覧 > 調査員が語る > 興信所の浮気調査はどんな方法でおこなわれる?その手順をご紹介!

浮気調査の方法は?
手順を紹介

夫や妻の行動が怪しく浮気を疑うというときには、興信所に浮気調査を頼むのがおすすめです。

興信所に浮気調査を依頼すれば、個人では到底調べられないような細かい情報までをスマートに集めることができます。

ほとんどの方は興信所を使うことに慣れておらず、どのような調査をしてもらえるのかと不安を抱えていることと思います。

そこでこの記事では、興信所に浮気調査を依頼したときの流れについて詳しくご紹介いたします。

浮気調査の撮影

浮気調査は興信所に任せるのが安心

興信所は浮気調査をはじめとしたさまざまな調査を請け負っています。中には、従業員の不正を暴く調査や失踪人を探す調査、子供の虐待や育児放棄の証拠を集める調査の依頼などもあるものです。

浮気調査を興信所に依頼した場合には、専門の調査員が尾行や張り込みといった方法で調査を進めていきます。調査員は多くの事例を担当してきたプロなので、ターゲットにバレないよう、効率的に証拠を集めることが可能なのです。

興信所が行う浮気調査の方法とは?

興信所の調査員は具体的にどのような方法で調査を進めていくのでしょうか? ここからは、調査員が実際におこなう調査の方法をご紹介いたします。

1. 尾行

調査対象となるターゲットの尾行は、多くの浮気調査でおこなわれています。

探偵ものや刑事ものの映画やテレビドラマでは、電柱などの影に隠れながらコソコソとあとをつけていく尾行をよく見かけます。

しかし、隠れながら尾行をすると意外と目立ってしまうものです。実際の浮気調査では、身を隠す方法は使わず街の中に自然に存在する歩行者として自然な形であとをつけていきます。

人混みであれば数メートルの距離まで近づくこともできます。その一方で、人の少ない場所では少し距離を開けなければならないところが尾行の難しいところです。

ターゲットが車で移動している場合には、他人の車を1~2台はさんだ状態にして車やバイクで尾行していきます。

2. 車での張り込み

対象となるターゲットの行動をチェックするために張り込み調査をすることもあります。

多くの場合、張り込みには車が使われます。車は長時間停まっていても不自然ではありませんし、ターゲット側から車内が確認しにくいので張り込みに最適なのです。

車はカーテンやスモークフィルムでうまくカモフラージュし、無人で停車しているように装ったり、逆にエンジンをかけた状態で人待ちしているように見せかけたりと、状況に合わせて方法を変えています。

3. 立ち張り

車を止めにくい場所で張り込みをするときには、最適な場所を選んで立ち張りという方法で張り込みをします。

ターゲットがビルやホテルに入った場合には、数時間にも及ぶ立ち張りをすることもあるものです。出口が複数ある建物の立ち張りをするときには、数人の調査員で分担します。

4. 撮影

浮気調査では証拠を集めるために写真や動画を撮影します。写真や動画は直接の証拠になる一方で、うまく隠れて撮影しないとターゲットにバレてしまうというリスクもあるので十分に気をつける必要があるのです。

興信所の調査員は大型カメラを使うこともありますが、怪しまれないようにレンズが数ミリ程度で手のひらに収まるようなピンホールカメラのほうがよく使われます。ときには壁の向こうの音や会話を傍受できる高性能なマイクを使うこともあります。

また、浮気調査では夜に調査をすることが多くなります。この場合、暗闇で写真を撮影することになりますので、暗所に対応できるカメラを所持して張り込みをします。興信所で使用している暗所撮影用カメラは専門的なものですので、暗闇の中でも対象者の顔をしっかりと写真に残すことができます。

5. 聞き込み

浮気調査のために聞き込みをすることもあります。ただし、聞き込みが原因でターゲットに調査がバレてしまっては全てが水の泡になってしまうので、聞き込みには十分な注意が必要です。

多くの場合、興信所の調査員は自身が調査員であることを明かさず、対象者が信頼できそうな人物を演じながら聞き込みをしていきます。

プロの調査員は聞き込みをスムーズに進めるため、目線や声のトーン、振る舞い方などを総合的に訓練しています。落ち着きのある態度で聞き込みをすることが、重要な情報を得るためのポイントなのです。

6. データ調査

ターゲットの人間関係や仕事、金銭面などに関するデータを調査することもあります。ただし、日本では個人情報保護の観点に基づき、公式なデータベースをチェックすることができなくなっているものです。

興信所の調査員は公開情報などを確認しながら、浮気の証拠を集めていきます。

興信所の浮気調査は自分でできない?

ここまでご紹介してきた興信所の調査の方法は、「自分でもできるのでは?」と考える方もいるかもしれません。

しかし、尾行や証拠集めなどは個人が実行すると違法になるケースもありますし、なにより体力的にも精神的にも大きな負担がかかります。

「本当に現場に現れるのか?」「相手に気づかれたりしないか?」という不安を抱きながら、長時間の張り込みや尾行をおこなうのは体力的に厳しいものがあります。

さらに、自身の配偶者の浮気現場を目の前で見ておきながら、冷静に証拠を残さなければならないというのは精神的に大きなダメージを負ってしまうものです。

せっかく張り込みをして浮気現場を抑えたものの、あとあと写真を見返すと顔が写っていない、ブレていて顔がうまく判別できないというミスが起こる可能性もあります。

自身で浮気調査をおこなうというのは、調査の難しさ以上に体力的精神的の負担が大きくなります。このような理由からも、プロの調査員が集まる興信所に依頼するのがおすすめです。

浮気調査の方法

ご紹介したように、浮気調査にはいくつかのテクニックが必要です。せっかく高いお金を払って浮気調査を依頼しても、思っていたような結果が出なかったりターゲットにバレてしまったりしては意味がありません。

浮気調査を依頼するときには、調査の方法を詳しく説明してくれる信頼できる興信所を選ぶことが大切です。