気になる浮気調査の費用、平均相場はどれくらい?安く抑えるコツはある?

興信所アーガスリサーチ

お見積もり相談無料・24時間対応
TEL:0120-132-417
menu

HOME > コラム一覧 > 調査員が語る > 気になる浮気調査の費用、平均相場はどれくらい?安く抑えるコツはある?

浮気調査の費用相場
安く抑えるコツは?

浮気調査をしようと考えるときに不安なことといえば、やはり「料金・費用」面だと思います。

興信所に浮気調査を依頼すれば有用な証拠が手に入りやすいものですが、まとまった費用がかかることが心配で依頼をためらってしまう方もいるかもしれません。

興信所の浮気調査費用は、工夫をすればある程度おさえることも可能です。

ここでは、浮気調査費用の平均について、またお得に調査依頼する方法についてご紹介いたします。

浮気調査の費用体系は大きく分けて3種類

浮気調査の費用の料金相場を検索すると、安い場合なら10万円以下、高額な場合には100万円以上と相場にかなりばらつきがあるのが分かります。

浮気調査の費用相場にこれだけの幅があるのは、設定料金や諸経費、調査時間などの条件が異なるためです。

浮気調査の費用の計算方法は興信所によって違います。多くの興信所は、時間料金制、パック料金制、成功報酬制のいずれかを採用しています。

1. 時間料金制とは

時間料金制というのは、1時間いくらという基本料金を設定する方法です。ほとんどの場合、浮気調査は調査員が2名で担当します。調査員2名で1時間調査をした場合の平均相場は15,000~25,000円(諸経費別)となっています。

時間料金制の良さは費用がいくらかかるのかが分かりやすいという点にあります。

配偶者が浮気する日時が推測できるのであれば、その日時にピンポイントに依頼することで調査費用を安く済ませることも可能です。

ただし、調査が難航したときには費用がどんどんかさんでしまうこともあります。また、時間料金に加えて経費や書類作成費がかかることがほとんどなので気をつけましょう。

2. パック料金制とは

調査サービスを一律料金で請求するパック料金制を採用している興信所もあります。

パック料金には調査費用だけでなく、機材の使用料金や経費、書類の作成費用などすべてが含まれています。

パック料金制を採用している興信所の料金相場は40万円から120万円ほどになります。

パック料金制は、手間や時間がかかりそうな難解な浮気調査であれば時間制よりもお得になることがほとんどです。その一方で、調査が短時間で済んだ場合には割高という結果になります。

パック料金制はあまり一般的ではないので、採用している興信所は少ないのが現状です。

3. 成功報酬制とは

浮気調査が成功したときに報酬を支払うという成功報酬制のシステムを利用できることもあります。

成功報酬制は初めに着手金が必要なことがほとんどですが、浮気の証拠が見つからなかった場合には費用を支払わずに調査を終えることが可能となります。

調査がうまくいかなければ調査員の収入につながらないのが成功報酬制の特徴です。そのため、じっくりと調査をして証拠を見つけてもらえる可能性が高まります。

成功報酬制を採用している興信所の料金体系には幅がありますが、相場としては着手金が30~50万円、成功報酬が40~70万円ほどになります。着手金は調査がうまくいかなかった場合でも支払うことになるので注意しましょう。

浮気調査の費用を押さえるテクニックとは?

浮気調査にはまとまった費用がかかるものです。しかし、依頼者が少し工夫するだけで興信所の調査費用をグッとおさえることも可能となります。

ここからは、浮気調査の費用をおさえるためのポイントをチェックしていきましょう。

1. ある程度の情報を集めておく

浮気に関する手がかりがまったくないまま興信所に依頼すると、調査に時間がかかってしまい、費用も高額になってしまうものです。

まずは、配偶者がどんなパターンで浮気をしているのかをバレない範囲で調べておきましょう。

浮気が疑われる曜日や時間、場所、配偶者の行動パターンなどが分かっていれば、ピンポイントで調査を依頼することができます。

2. 調査員の数を絞ってもらう

浮気の可能性が高い日時が分かっているのであれば調査が比較的やりやすくなるので、調査員を多く使っている場合は減らしてもらえるよう交渉できるかもしれません。

もちろん応じてもらえない可能性もありますが、調査員を減らせば費用が安くなるので交渉してみる価値はあるといえます。

浮気調査費用の高額請求に注意しよう

料金体系を理解せずに安易に契約を進めると、あとあと高額な料金を請求される可能性も考えられます。契約前にチェックしておきたいポイントをご紹介いたします。

1. 時間制の場合には調査員の人数を確認する

時間料金制を採用している興信所のほとんどが、料金体系を説明するときに調査員1名あたりの1時間ごとの料金を提示しています。

実際の浮気調査は2名でおこなわれることが多いため、費用は料金表の2倍を想定しておくのが適切です。

しかし、興信所によっては調査員を3名や4名と不必要に増やして高額な調査料金を請求することがあるので注意しましょう。

2. パック料金制はキャンセルしにくいので注意

パック料金制はすべてが込みのプランなので、調査途中のキャンセルが難しいという面があります。調査が必要なくなったときなどにキャンセルをお願いしても、費用は返ってこないかもしれません。

前もってキャンセル時の条件について確認しておけば、安心して依頼できます。

3. 成功報酬制の場合には条件面を確認しておく

成功報酬制は浮気調査がうまくいかなければ成功報酬を支払う必要がないという魅力的なシステムですが、「成功」の意味についてはきちんと確認しておきたいものです。

中には、浮気の証拠が一切見つからなかったにもかかわらず、調査をしたこと自体を成功と解釈して費用を請求する興信所もあるようです。

また、決定的な証拠にならないものを渡され言いくるめられてしまうケースや、調査を引き伸ばしたのちにキャンセル料を請求する業者もあるといわれるので、十分気をつけましょう。

まとめ

興信所に浮気調査を依頼するときの料金体系には大きく3つのパターンがあります。

ある程度配偶者の行動パターンが読めているのであれば、時間制の価格プランを選ぶのがおすすめです。ピンポイントで調査を依頼すれば、コストを掛けずに有効な証拠を得ることができます。

アーガスリサーチは浮気調査の料金が明確かつ低価格で、多くの方に選ばれております。都内で興信所をお探しの方は、ぜひアーガスリサーチにお声がけください。