女性探偵のブログ・家族の絆

女性探偵のビーナスです。
私もこのブログに時々、参加させてもらえる事になりました。
今後、よろしくお願い致します。

先日、びっくりするニュースを見ました。
米カリフォルニア州北部の森林へシカ狩りに行って行方不明となった男性が、19日間におよぶサバイバルの末に救助されたそうです。男性はトカゲやカエル、リスを食べて生き延びたというから驚きました。よくディスカバリーチャンネルなどでサバイバルを好む男性が自ら危険な地で何も食べ物がない場所で生活をするような企画がありますが、今回はアクシデントであり、さらにその男性も無事に救助されたことに感動しました。人間は身が危険にさらされ、助けがない状況になったとき、自身を守り生き延びるために手段を選ばないのでしょう。しかし、誰もがそうではなく、この男性には生きようという強い気持ちがあったのだと思います。そして無事を願い、捜索願いを出し、待ち続けた彼の家族も心 ここにあらずな日々を過ごしていたことと思います。救助されたあと、男性はヘリコプターで病院へ運ばれ、家族と再会したそうです。検査の結果異常なしと診断されて退院したとのこと。男性の息子さんはインタビューで「ひげが伸びたこと以外は何事もなかったかのように元気です」と笑い、「狩りは当分の間お預け。今度行きたいと言い出したら同行します」と話したそうです。それにしても小動物やトカゲを食べて19日間も森で生活をし、しかもニュースによると天候も良くなかったようで、そんな環境の中、健康にも異常がなく退院できたこの男性の生命力の強さに本当に驚きました。普通なら生きて帰れないか、ひどく衰弱していてもおかしくはないですよね。
生きようと思う気持ちを強く持ち、そして諦めずに待ち続けた家族の絆に感動したニュースでした

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)