自覚

 探偵や興信所の仕事も他業種も「業務遂行」上の自覚は責任感につながる。

経験の浅い人物は「責任感」も比例している。探偵が依頼人の為に「結果」を出す執着心が無ければ業務も怠慢になり注意力も散漫になりがちと言える。前回のブログにも記述したが「緊張感」の無い仕事は依頼人に良い調査報告を出来ないと言える。

個人の能力には限界がある。しかし、経験不足と能力不足は別問題であり「能力がない部分は経験でカバー」できると私個人は考えている。仮に能力も経験も不足している探偵や興信所(業歴が浅いノウハウの少ない)に依頼をしてしまうと「時間も費用も必要」になる事実が待ち受けている。

探偵や興信所選びで最も重要なポイントは業歴と経験からえられたノウハウがある探偵業者を探す事と思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)