興信所の現実

 現代の興信所は紳士録、興信録の編纂などは行っていない。やはり「個人情報」を公表する行為に嫌悪感がある現代では淘汰されつつある書物に間違いない。

情報を多く保有する場所から、多くのネットワークを駆使し情報を得る場所に変化したと言える。

意外にも興信所は探偵より身元や家系などの情報をより多く得られる。

結婚相手の身上や両親・家系などを調査すれば探偵と興信所の調査力の差は歴然と表れる。「情報の取得力」が根本的に違うと思われます。

現代においては利益がある「浮気調査」や「行動確認」を探偵も興信所も行う事から同業であるとくくられている。しかし、本来の興信所は昔も今も信用情報を保有し、お家の一大事に役立つ御報告を影ながら続ける存在であり「探偵のもつダーティーな部分」とはかけ離れた存在なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)