結婚を前提に

 結婚を約束した相手(婚約者)の生活(素行)が派手であったり、本心を隠して交際している様子が感じられた場合は「結婚など考える以前」の状況かと思われる。

私、個人の考えになるが「離婚が増加」する大きな要因のひとつに「交際相手の本質」を見ない交際が増加していると考えている。確かに経済力や家事を円滑にこなす力量も大切な要素と思うが、人の本質を軽視した結婚は「結婚後のストレス」を大きく増加させる。

結果、一生の伴侶にはならない「はかない結婚生活」となる。

人を見る目を養うことは容易ではないが、お互いの「性格や価値観を知る交際」は可能と考える。

もし、ご自分の尺度や社会観に自信がもてない方は、いつでも「探偵や興信所」の無料相談を利用して想定される結婚生活が「我慢できる」ものなのか?「交際相手の本質」判断の基準を養っていただきたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)