離婚を前提に

 御依頼者の希望に沿った調査を実現していきたいが現実は厳しい。

離婚を念頭に御依頼を受けた場合、「浮気調査を実施」し「浮気の証拠」を撮り「継続的な浮気の証拠」として「夫婦の話し合い」になる。

その後、慰謝料請求や条件の提示にいたる訳で、全てがスムーズに運ぶには「絶好のタイミング」が存在している。

タイミングがずれた浮気調査は「時間と費用」を要する。

日常の夫婦生活の中で「おかしいな?」と疑問を抱いた時がベストなタイミングであることが大半で、そのタイミングを逃すと「一緒に飲食している」や「休日に映画やショッピング」に同行しているだけの浮気の証拠としては不十分な行動が多くなる。

「動かぬ浮気の証拠」を複数回に渡り残すには「疑問をもったら即」が正しい判断といえる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)