男性(夫)の浮気・不倫の特徴や対策方法

興信所アーガスリサーチ

お見積もり相談無料・24時間対応
TEL:0120-132-417
menu

HOME > コラム一覧 > 浮気・不倫について > 男性の浮気

男性(夫)の浮気・不倫

浮気調査はおまかせください。興信所のアーガスリサーチ

浮気する男性

男性(夫)の浮気

浮気といえば男性がするもの、男性は浮気をするもの、という根強い一般的なイメージがあるかと思います。

「浮気は男の甲斐性」、芸能界などでは「不倫は文化」「女遊びは芸の肥やし」、古くは「英雄、色を好む」などという言葉もあります。

男性が浮気をするのは元々、子孫を繁栄させるために種を多く撒く必要があったためという意見もありますね。

確かに夫や男性の浮気には遊び感覚の人も多く、相手の女性への愛情よりも、妻とは異なる女性との交際を楽しむ、もしくは性欲を満たすためなどの動機が多いのではないでしょうか。

ですので、妻との離婚までは考えていないケースもよくあります。

そして多くの場合、浮気という行為に罪悪感を持っていないケースが多いです。

慰謝料を請求される事態まで想定して巧妙に立ち回る。そんなことよりもそもそも浮気・不倫が違法行為であるとの認識が薄いのが夫や男性です。

逆に、浮気をしてしまったことで妻や恋人に対しかえって優しく接してしまう人もいるかもしれませんが・・・。

家出や離婚請求は本気の不倫

もちろん中には本気の浮気、不倫に走ってしまう人もいます。

そういう人は妻に離婚を要求したり、妻も子も捨てて相手の女性と別のところで新しい暮らしを始めてしまったりします。

ちなみに、不倫以外の理由で家を出て行ってしまう夫はほとんどいないのではないでしょうか。

これらの出来事はある日突然起こったりします。

夫が家を出て行ってしまい、離婚の要求の連絡が入る。

そこで初めて夫の浮気を疑う、もしくは確信することになったりするわけです。

そんな事態になる前に、あっさりと浮気を気づかれてしまう男性もたくさんいますけども。

浮気しやすい男性のタイプ

浮気をするタイプに多いのは、やはり経済力のある中年男性です。

特に夫は家庭での出費に加えて当然浮気相手への出費もかかるわけですから、両立するには通常はそれなりの稼ぎが必要です。

離婚を要求された時点で元の夫婦関係に戻ることは困難ですが、夫が家を出て行ってしまい、妻や子供の生活費すら払わなくなったら完全な末期症状であり、関係の修復など望めないでしょう。

近年は草食系男子という言葉も流行るなど、女性との交際に対して臆病な男性も増えてきていると言われ、時代が変わるにつれて男性の浮気への意識、浮気する理由なども変化してきているようです。

しかし、夫が本格的に不倫にのめり込んだ時、妻や子供を置いたまま家を出て、不倫相手と一緒に暮らしているケースがよくあります。

夫の不倫への対策(離婚や慰謝料請求したい場合)

  • 日記やメモを残しておく
  • 不倫相手の情報を知っておく
  • 不倫相手とのメールや画像などを保存
  • 不倫相手の携帯番号を知る
  • 別居している場合は居所を把握しておく

夫の不倫についての日記やメモは裁判での証拠になるケースがありますし、浮気調査を行う際に夫の行動傾向を知っておけば、どの日が怪しいなどの狙いをつけることができます。

また、不倫相手に慰謝料請求するためには相手の氏名や住所が必要になります。

ただし無理をして夫から不倫相手の情報を聞き出そうとしたり、携帯電話などの中身を見ようとすると警戒されてしまいます。

無理はせず慎重に可能な範囲で行わなければなりません。

もし不倫相手の携帯電話番号がわかったら

夫の不倫相手のことを知っておきたい場合、もし不倫相手の携帯電話番号がわかれば、その携帯番号から相手の情報をつきとめる調査があるのをご存知ですか?

具体的には携帯電話の持ち主の氏名・住所がわかります。

携帯電話の持ち主の情報は、普通なら使っている本人の情報のはずです。

別居している場合

夫が不倫をして家を出て行ってしまった・・・。

この状況で浮気の証拠を取るには、まずは夫の居場所を知っておく必要があります。

もし居場所を知らない場合、通常は夫の勤務先から夫を尾行することで判明させることができます。

上手く行けば不倫相手と同棲している証拠を押さえることもできるでしょう。

※浮気調査の費用・料金等の詳細につきましては以下のページをご参考下さい。