浮気相手を増長させない

 浮気の証拠を獲得しパートナーが反省していれば「やり直す」準備は出来ていると言える。しかし、浮気相手の「思惑」は計り知れないため「保守」を前提とした「情報を知る」行為が重要である。

ここで言う「保守」とは「浮気相手の情報」や「生活環境」を知っておく行為の事である。最低限に知り得なければならない項目は「居住先・勤務先・家族構成」であると考える。浮気相手が将来的に「脅威」に成り得る可能性がある事や、浮気相手の開き直りから発生する「嫌がらせに近い言動」などの増長を防ぐため「浮気相手を知る」ことは最低限知って、最悪のケースに備える必要性は高い。

家族や生活を守るために必要な行為であり、確実な将来展望が期待できない状況のご家庭では「権利を最大限主張」する為に必要性が極めて高い行為であると言える。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)