性格の不一致

 熟年離婚の理由に多い「性格の不一致」。子供達のため、世間体のため、長く夫婦生活を続けてきて「溜まりに溜まった我慢」が限界に達して「感情が濁流の如くあふれ出る」子供達が成人し独立した後の「夫婦二人だけの生活なんて絶対我慢できない!」や「本来の自分に戻り残りの人生を楽しみたい」皆さんの心の底からの願いを実際に聞く機会もしばしば。

 皆さん口をそろえて「結婚は我慢の上に成り立っている」と。著者は40代の中年男性だが、婚姻歴は無く戸籍真っ白です。結婚を考えた女性達とはタイミングがあわずじまい。ここだけの話「性格が悪いよね」や「優しくない」の捨て台詞と共に私の結婚の夢は「はかない木の葉」のようにユラユラ・・・消え去ってゆきました。

好きどうしで結婚したんだから穏やかに老後を過ごして欲しいと願う事が殆どだが、多くのかたは「離婚に積極的に行動できる」。結婚も離婚もエネルギーを使うので焦らずで良いと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)